UVERworldのアルバム「TYCOON」が素晴らしすぎる!

UVERworld「TYCOON」

UVERworldが3年ぶりに出したアルバム「TYCOON」をゲット!TYCOONとは「大物・巨頭・将軍」という意味らしい。まさに!タイトルに恥じない素晴らしいアルバムだった。初回限定盤はライブ音源を収録したCD付きなので、まずは本編CDの感想から綴っていく。

DISC1:全18曲、78分59秒の大作「TYCOON」

1.TYCOON

まず1曲目はアルバムと同じ「TYCOON」という名前のSE。最初の雫が落ちるような音からもうインパクトがあるのだが、1分10秒に色々なものが詰まってる。オシャレさもありつつ、男性の叫びがロックらしさも感じさせてかっこいい。「UVERworldが来たー!!」「ライブが始まるー!!」という気持ちになる。

2.Q.E.D

UVERらしい曲だなぁと思った。力強くて気持ちを奮い立たせてくれる。前に進む勇気をもらえるような曲。ライブで盛り上がりそう。というかこの間すごく盛り上がってた。「everyone\( ‘ω’)/」を一緒に歌いたい。棘もあるけど雰囲気が明るくて前向きな感じがする。

3.シリウス

疾走感のある曲調でかっこいい。そして歌詞がとても良い。先日のライブMCを思いながら聴くと、言葉の意味がより深く感じられてさらに心に響く。また、自分と重ねて考えてしまうところもあって沁みる。「大事な人の言葉でしか傷つかない」というフレーズが凄いな、強いなと思う。メロディーや間奏のサックスが綺麗めでオシャレ。

4.SHOUT LOVE

「僕の心の中 君以外の女性が行方不明」という歌詞が印象的。真っ直ぐすぎて聴いているこちらが照れてしまうくらいの激甘ラブソング。好きが募りすぎて愛おしくてたまらない様子が、曲全体から溢れている極上のバラード。サビのTAKUYA∞さんの声がビックリするほど高くて綺麗。TAKUYA∞さんじゃないみたい。

5. IDEAL REALITY

サックス大活躍。ラップや曲調、歌詞の表現がBUGRIGHTを思い起こさせる。初期のUVERを感じられて懐かしい気持ちになる。尖った部分とふわっとした部分の差がすごい。こういう緩急の付け方が上手いよね。BUGRIGHTの頃のがむしゃら感もありつつ、今のUVERらしさもあって良い。

6. LONE WOLF

仲間に対する想いを綴った曲。この仲間にはもちろんファンも入っている。それぞれがそれぞれの場所で戦う一匹狼。「どんな未来を選んでもお互い輝いていよう あれは俺の仲間だと自慢し合ってたいよな」誇れるようなかっこいい生き方をしたい気持ちになる。あと「大切な俺の仲間はお前の事だからな」で泣きそうになる。帰る場所が、私の居場所がここにはある。そう思える。優しくてとても良い曲だ。途中に入る狼の遠吠えが印象的。

7. DECIDED(Album ver.)

「愛してくれた人と その信じてくれた人たちが居てくれたじゃないか」という歌詞が胸熱すぎる。ライブで聴いた時もグッときた。力強く背中を押してくれるような、UVERらしい熱くて真っ直ぐでかっこいい曲。指パッチンからのサックスは鳥肌もの。ちなみに、アルバムとシングルの違いはドラムらしい。聴き比べて見てもよく分からない。かなり難しい。

8. PRAYING RUN

「たとえ僕は叶わない人だとしても この足を止めはしないだろう」10km走ってもいるし、何事にも努力を惜しまないTAKUYA∞さんだからこその歌詞だね。ライブで「全部やって確かめりゃいいだろう」を一緒に歌うのが熱い。攻撃的なメロ部分から情緒的なサビへ。内側から沸々と熱さが込み上げてくるようで。もっと出来るんじゃないかと思えてくる。力をもらえる。心に訴えかけてくる曲。

9. ALL ALONE(Album ver.)

世の中の裏側や汚い部分、生きていく中で擦り切れていく心、失っていく夢。路地裏がよく似合う曲だなって思う。生き方を問いかけられているようでもあり、肯定してくれているようでもあり。もがきながらも生きていく為の勇気をくれる。シングルとの違いはアウトロが少し短くなっている点。

10. 一滴の影響(Album ver.)

待望のサックス!シングルとの違いはサックスが入ったこと!やはりサックスが入った方が良いな。力強くもキラキラとした綺麗な音に、悲しみを掬い上げてくれるような歌詞。「君自身のことも許してあげてよ」どうにもならずに内側に燻っているモヤモヤした気持ちを、自分自身を、丸ごと許されるような心が洗われるような気持ちになる。

11. ほんの少し

「君が死ぬ日は世界中哀しんでほしいんだよ 君がこの世にいない そんな悲しみは僕1人の涙じゃとても足りないよ」胸がきゅっと締め付けられるような、切なくなるバラード。こんな風に誰かを想うことが出来たら、愛することが出来たら、逆に想ってもらえたなら、それはどんなに素敵だろう。曲全体から愛が溢れている。優しい音が耳に心地良く、ずっと聴いていたくなる。とても素敵な曲。

12. 僕の言葉ではない これは僕達の言葉(Album ver.)

イントロから「ディディッディッディッディ〜ン」と口ずさみたくなるし、クラップをしたくなる。UVERらしい毒もピリッと効いてハッとさせられる。淡々としているようでいてジワジワと熱くかっこいい、個人的にはスルメ曲。シングルとの違いはクラップ部分が短くなっていること。

13.WE ARE GO(Album ver.)

イントロの入り方がシングルとちょっとだけ違うね。攻撃的な歌詞と力強く鳴り響く楽器の音色でロック感が溢れるかっこいい曲。ライブで聴いてさらに好きになった。「何もかも失ったって未来は残ってる」挑戦し続けるUVERworldとしての誇りを示しているかのような、ブレない強さを感じられて気持ちが高まる。熱い。

14. Collide

「思いを殺して生きるのが俺なら 俺はもう俺に用はない」こんな言葉なかなか言えないよ?これも歌詞がかなり強め。そして音がかっこいい。サビに入る前の抑えた感じからシャウトの流れもテンションが上がるし、サビの盛り上がりが凄すぎる。サックスと間奏のギターソロも聴き応えたっぷり。

15. 奏全域

めちゃくちゃかっこいい。変化球な曲調もラップもコーラスも遊び心に満ちていて、音を楽しんでいる感じが伝わってくる。この間のライブではやらなかったけれど、ライブで盛り上がること必至だね。1曲の中に色々混ざっていてこれぞUVERって感じ。ノリが良く聴いていると体が動き出しそう。

16. I LOVE THE WORLD

イントロからもうテンションが上がる。これもライブで聴いてさらに好きになった。ライブでの盛り上がりは安定で、サビ前や間奏の「 Rock ! 」までとその後の流れが鳥肌が立つほどかっこいい。「なにお前 愛出し渋ってんだよ」クラブとかで流れていそうな踊り出したくなるような軽快な曲。

17. エミュー

ピーーっという笛の音がかなり印象的な曲。個人的にはもう少し笛の音が大きくても良いんだよって思うけれど、それでもインパクトは強い。新宿スワンの挿入歌なのもあってか、けっこうゴリゴリとしたむき出し感があって、男らしさを感じるような熱くてかっこいい曲。

18. 終焉

「優しい嘘には気付かず生きてたい 信じていたいものを信じてたい」エンドロールを迎えた気分になる。しっとりとした優しい曲。泣いてしまいそう。とても共感出来る歌詞と「わかるよ」って肯定してもらえることの心強さ。励まされる。終わってしまうけれど、またUVERに逢いたい。そんな風に思える温かい曲だ。

DISC2:ライブ音源が全11曲

アルバム曲が18曲にライブ音源を11曲も収録してくれているとか豪華すぎる仕様だと思う、本当に。ライブ音源なのでファンの歓声もTAKUYA∞さんがハイテンションで叫びまくっているのもガッツリ入っている。楽器の振動すらも伝わってきそうなほどの大迫力。これを聴けばUVERworldのライブの熱さはバッチリ伝わると思う。

アルバム曲もいくつか収録されているので、CD音源とライブ音源の違いを楽しむのも良いよね。それにしても激熱すぎる。映像が見えるようだ。

まとめ

今回のアルバムはジャンルがけっこう幅広いなぁと思った。ここ最近の傾向から見ると全体的に優しさを感じる曲が多い気もする。TAKUYA∞さんが結婚したことも影響しているのかな。もちろん今までの曲でも素晴らしいものはたくさんあるのだけど、過去最高のアルバムと言ってもいいくらいの素晴らしさだと思った。今のUVERworldの魅力が詰まっている。