可睡斎のひなまつり♪

可睡斎ひなまつり

行ってきました、可睡斎のひなまつり!!

至るところに雛人形や吊るし飾りがあって凄かったー♪

お内裏様とお雛様

一口に雛人形と言っても、みんな顔が違っていて面白い。

しゅっと鼻筋の通った雛人形、目が大きい雛人形、逆に今にも消えてしまいそうな糸目の雛人形、まんまるお顔の雛人形、面長でキリッとした雛人形・・・・・・

舟に乗ったお雛様

こんな遊び心たっぷりの舟に乗った雛人形もあったし、かぐや姫のように竹の中にちょこんと入っている雛人形もあった。とても面白い。

さるぼぼの吊るし飾り

よく見る吊るし飾り。さるぼぼと言うらしい。もうなんか凄い。迫力が凄い。

うさぎのお人形さんが吊るされた吊るし飾りもあって可愛かった。

1枚の紙で作られたハート型の折り鶴

これは、いくつもの鶴がハート型に並べられている・・・かと思いきや、この鶴全て一枚の紙で作られているらしい。凄い。どうやったら一枚でこんなにたくさんの鶴を、しかもハート型になるように作れるのか。神業だ。

そしてこのイベントの目玉でもある1,200体の雛人形!

1,200体のお雛様

これだけの数が揃うと、なかなかになかなかだ。若干恐怖すら感じるw

近づいてみると表情さまざまで面白い。ちなみにこの雛段が置かれている部屋には他にも雛壇がいくつかあって、夜中に動き出してパーティーでもしてそうな雰囲気(?)がある。

1,200体の雛壇の他、特に目を引いたのが2~3体置かれていた、小さな子供くらいの大きさの人形だった。雛壇にも負けないくらい、かなり存在感がある。正直、夜中に動き出す可能性No.1と言えるだろう。可愛さもあったので間近で写真を撮ったものの、さすがに怖くなって消してしまった。印象的な雰囲気でちょっと消すのは惜しかったけれど、命が宿っているような目をしていたしw

そんな若干の恐怖(?)も味わいつつ、たくさんのお雛様を見られて楽しかった♪