【2017.07.22】M-STAR⁂JUNCTION Vol,07@初台DOORS

1部・2部と参戦してきた。とても楽しいライブだった。楽しすぎて記憶が飛んでいるところも多分あるけれど、簡単にレポを書いてみようと思う(全部書くのは難しいのでカケくん中心になります)

まず1部。駅近の会場にも関わらず迷子になり、開演ギリギリに着く←

カケくんの1曲目は激動だった。激動はイントロですぐ分かるからテンションが上がる。序盤はけっこう緊張とかもあるのだけど、激動を境にちょっと振り切った感がある。カケくんの激動、生歌でもかっこよすぎた。間奏のセリフのところで言葉を重ねていて、それがライブ感あってかっこよかったのと同時に「あ、やっぱりセリフは言わないのねw」と思ったw

2曲目はDAYBREAK FRONTLINEを歌う。難しいとのことだけど、伸び伸びと歌えているように見えた。多分たくさん練習したのかな?かっこよかった。生で聴けるとは思っていなかった曲なので、イントロが流れた瞬間おおっと思った。サビにいくまでの低音と高音の切り替わるところがかっこよすぎて私の中で激熱だった。密かに燃えた。

3曲目は妄想感傷代償連盟でカケくんの優しい歌声を堪能。たしか「歌える人は一緒に歌ってください」みたいな掛け声があったと思う。「あいやいやー」のコーラスで一緒に歌ったのが楽しかった。動画では最後だんだん小さくなって消えてゆくところを、ワンフレーズアカペラで歌って終わるのがすごくかっこよかった。

そして2部。この日ヘアゴムを忘れてきたので、コンビニで調達してくる←

1曲目はホシアイから。イントロがアップテンポでいつもと違う感じだったのかな、曲前のMC中に何かな~って思っていた。ホシアイと言えばカケくん安定の曲だよね。とても綺麗な歌声で伸び伸びと気持ちよさそうに歌っていた。力強くて優しくて、気持ちがこもっている感じが素敵だった。その場が一気にあったかい空間になった。

2曲目は再び激動。また聴ける~という嬉しさもあったし、さらに嬉しいことに2回目はなんとセリフ言った!今回も何かMC挟むのかな~って思っていたので「おおおおっ(*゚Д゚)‼」と内心かなり驚いた記憶がある。セリフすごくかっこよかった。動画よりさらに良い感じに言えていたかも。照れがそれほど目に見えなかったの、頑張ってたと思う←

3曲目は脱法ロックをはしやんさんとコラボ。いつもと違うカケくんを見れたようで嬉しい。はしやんさんはこの日ずっとラップ強~すご~って思いながら見ていたけれど、カケくんも負けじとかっこよく歌いこなしていて、2人の息ぴったりって感じで素敵だった。ラップが好きだと言っていただけに、とても楽しそうなカケくんを見られて嬉しかった。

どこだったかな?激動かな?DAYBREAK FRONTLINEかな?客席から見て左側に弧を描くように大きく動いているのを見て、なんか良いなーって思った。楽しそうだなって。他にもステージの上でけっこう動き回っていて、それがすごく楽しそうだった。

激動、何度か「ふぉーい!」ってコーラスが入る時に前方数人が手を挙げていて、もしかしてCrewさん!?と密かに嬉しくなる私。あと、激動が終わり舞台袖にはける前に「楽しい~!」ってキラキラ笑顔で言うカケくんが、「わかったわかったわかった(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪」と頷きたくなるくらい可愛かった。

そしてライブ後。サインをもらうべく専用のサイン帳まで買ったので、頑張って並ぶ。私の番が来た時、最初に「久しぶりだよね~」って言ってもらったのが何気嬉しかった。覚えていてくれてるのかなーと思えたから(あれだけ行ってれば当然かもしれないけどw)

さらに名前を聞かれる。思い出そうとしてくれているのだけど思い出せないらしいカケくん。一方の私はというと、前にサイン用に名乗った本名を告げるべきか、そろそろ身バレしてそうなTwitter名を名乗るべきか、はたまた別の方法を取るべきか、いっそ名前を隠すかを数秒間にめちゃくちゃ悩む。もしかしたらカケくんから見たら、私が思い出してくれるのを待ってるように見えたかもしれないけど、頭の中フル回転で悩んでいた。そして迷った末にTwitter名を名乗ってしまう。という訳で、いよいよ身バレしたので、なんとなく恥ずかしい(*ノдノ)

実は前からカケくんに聞きたいことがあった。そこで「ずっと気になっていることがあって・・・」と切り出すと「歳?」と聞かれる。咄嗟に「えっ何で!?」と言ったところ、最近よく聞かれるからとのこと。それにしても、カケくん鋭い・・・。「てか知らなかったっけ?」と聞き返されて「はい」と答える私。知らないよー!だって今まであなたとの会話を(恥ずかしさと緊張のあまり)全力で避けてきたからね、と心で思う。一瞬ためらうような表情を見せたので、反射的につい「え~~っ!」と叫んでしまったところ、慌てた感じになったのが可愛かった。歳は実際に聞いた人だけの特権ということで、ここではあまり触れないけれど、見た目全然若いよね。予想外だった。

1部と2部で2回もサインをもらえたのが嬉しい。1部では普通に書いてもらった。そこで、今までと違ってお話も少しはまともに出来るようになった事に自信がついた私。「頑張れって一言もらえたら、何でも頑張れそうな気がする」と思い、2部ではリクエストをしてみる。一言だけでもと思っていたら、長く書いてくれて嬉しかった。書き途中に文章で悩んだらしく数秒固まるカケくん。思わず「大丈夫ですか・・・?」と声をかけてしまう。でも、その時の様子はちょっと可愛くて面白かった。

ずっと伝えたいなぁと思っていたことがある。いつも頭真っ白になっちゃうから直接言ったことはなかったけれど、初めてカケくんの曲を聴いた時からずっと、カケくんの作る曲の世界観が好きだなぁと思っていたので、それを伝えられたことがとても嬉しかった。多分、好きな気持ちの半分ほどしか伝わっていないだろうけど、やっと言えた!と思った。「頑張って曲作るね」ってその言葉で、もうなんか救われた気がした。ちなみに、カケくんの声が好きすぎることについてはまだ言えてない←

ネックレスが1部の初めの方から気になっていた。他の演者さんのアクセサリーや服なども気になっていて、やっぱり人によって個性が出るなぁと思っていたのだけど、カケくんのネックレスが遠目に見ても私好みな気がして仕方がなくて。お話の順番を待っている間もつい胸元に目が(え?)・・・というわけで、ネックレスのことを言ってみたら、近くで見せてくれて嬉しかった。お店で見つけて良いなーと思って買ったらしい。近くで見てもオシャレで可愛くて繊細なデザインが私好みだった、完全に。「そんな細かいところまで見てくれてありがとうございます」と言われて、「そんな細かいところまで見てしまってすみません」って思ったw

1部と2部合わせて握手を5~6回してもらえた。今思えば、最後だと思って握手してくれたところで私が話しかけちゃったのかもしれないけれど、一日であんなにたくさん握手してもらえるなんて幸せすぎた。カケくんの手はあったかくて触り心地よかった(*´˘`*)♪←

イベント用に宝くじ券を購入するため並んでいた時、ステージで司会の方とトークをしているカケくんと目が合ったかもしれない(本当のところは不明)ということで、なんとなく気まずく・・てか恥ずかしく・・というか耐えられなくなり、思わず反対側を向くのが2回ほど。後から思ったのだけど、その状況が初めてカケくんのライブに行った時の状況とそっくりなのが可笑しいよね。あの時も右側にカケくんが立っていて、私はドリンク待ちをしていて、目が合って恥ずかしくなって思いっきり目を逸らして反対側を見たという() それを思い出して懐かしくなった。

あと書いていいのか分からないので内容は書かないけれど、ステージ上で某告知をした瞬間に目が合った気がする。てか合った。あれは多分合った合った(そう思っておく←)

今までの私にとってライブ後のお話というのは正直なところ、嬉しさよりもどちらかというと負担の方が大きかった。本当はお話したい気持ちがあることは大前提で、きちんと話せる自信がなくて、緊張しすぎて頭真っ白になって変な行動を取ってしまったり、変なことを言ってしまったりしそうで怖かった。ライブのことを考える時は楽しみな気持ちと同時に、常に不安感が付きまとっていた。

けれども今回、何がどうなってか分からないけれど普通にお話出来て、聞きたいことも聞けて、言いたいことも言えて、ほんの少しだけ自信がついたかもしれなくて。また同じように話せるかは分からないけれど、前ほど悩むことはないような気がしている。これは私の中でとても大きなことだと思うし、より純粋にライブを楽しいと思えるであろうことがとても嬉しい。

カケくんに特化して書いてしまったけれど、他の演者さんたちも素敵だった。

いいんちょさんは艶っぽい声と色気たっぷりの仕草や目線が魅力的だった。あとワンフレーズ歌った後に口角がキュッと上がるのが可愛かった。

shackさんは歌い方や声の感じがロック的な感じかな?英詞を滑らかに歌っているのが、めちゃくちゃかっこよかった。

はしやんさんのラップは楽しすぎた。すごく良かった。好きだなーと思った。あとさすがラッパーさん、MCが上手くて面白かった。

相宮さんはふわふわしていた。そこにいるだけで癒されるような空気感を持った人だった。天然さんなのは分かった。ひたすら可愛かった。歌うとあの綺麗な歌声。なんかもうすごい。

RYOさんは王子様って感じだった。かっこいいし、声も素敵だし、立ち姿や仕草が優雅な感じで素敵だった。あと、ここでUVERのカラハを聴けるとは思わずビックリした。

つかさしさんはV系ってことで良いのかな?(ノリ的に)。V系のライブ行ったことないから戸惑いもあったんだけど、最後振り切って楽しめた。ユニークな人だった。

この日、ライブ終わりの新幹線の中で、本当に幸せな気持ちでいっぱいになった。終わってしまって寂しい気持ちより遥かに強く、幸せだと思った。心が満たされるってこういうことなんだなぁと思った。心の底からカケくんのファンで良かったと思った。