WordPressの不要なリビジョンを削除・保存回数を管理できるプラグイン♪

このブログはWordPressを使っている。WordPressにはリビジョンという機能がある。

リビジョン

記事をプレビューしたり更新すると増えていくリビジョンは、編集した箇所がすぐにわかり、必要とあれば前の状態に戻せるWordPressの便利機能なのだが。複数人で更新したり、一つの記事を頻繁に更新する場合にはたしかに便利かもしれないけれど、私は全く使ったことがない。むしろ、かなりの頻度でプレビュー表示をするので、大量のリビジョンが作られるのが辛い。

リビジョン一覧

10月3日のリビジョンの一部がこんな感じ。一つ一つに投稿IDが振られるので、現段階で124記事しか書いていないにも関わらず、今書いているこの記事の投稿IDは4031になっている。パーマリンクを編集しているので直接困ることはないけれど、数が大きくなっていくのは少し気になる。あと塵も積もれば・・・で容量を無駄に食っているのも気になる。

スポンサーリンク

リビジョンを削除するなら「WP-Optimize」

溜まり続けていく一方のリビジョンを削除したい。ということで「WP-Optimize」をインストール。

WP最適化

設定画面はこんな感じ。件数が表示されているので「最適化を実行」ボタンを押せば削除できる。

WP-Optimizeの設定画面

一括で削除する場合には、削除したい項目にチェックを付けて。

リビジョンの最適化

上部でやたらと目立っている赤いボタンを押せば、選択したリビジョンが簡単ラクラク削除~♪

※ボタンを押すと、確認のメッセージなく直ぐに削除されるので注意(楽だけど)

リビジョンの保存回数を指定できる「Revision Control」

削除できるのは嬉しいけれど、そもそも保存されなければもっと嬉しいな。ということで。

Revision-Control

「Revision Control」をインストール。このプラグインでリビジョンの保存回数を設定できる。

リビジョン保存回数を指定

保存無しにしようかと思っていたのだけど、それだとプレビュー表示が出来ないらしい。最初に書いた通り、ものすごーーくプレビュー表示をする私にとってこれは致命的。なので、それぞれの保存数を2回に設定した。万が一の時のために一応、少しは保存していた方が良いのかなぁ?っていう気持ちもあるし。これでだいぶスッキリするね。