WordPressのテーマをSimplicityからストーク(STORK)に変更してみた!

stork

もっと楽にカスタマイズしたいなぁ。ということで、ブログ開始当初から使っていたSimplicityに別れを告げて、ずっと気になっていたSTORKを導入してみた。初めての有料テーマ。使ってみた感想を書いてみる。

洗練されたデザイン&モバイルファースト設計

ストークはCSSをいじらなくても簡単にオシャレなデザインにすることが出来る。またモバイルファースト設計なので、スマホからも見やすいデザイン。スマホから見る人が多い今、特に手を加えなくても最適化されたデザインになるのは嬉しい。

●PCから見たブログ

ストークPC版ブログトップページ

●スマホから見たブログ

ストーク・スマホ版ブログトップページ

スマホはタイトル下にカテゴリーが並び、スライドすると他も見られる。このスタイル私は好き。

ウイジェット機能が便利!

ウイジェット

パソコンとスマホで違う設定が出来る。けっこう細かく分かれているのもありがたい。

選べるレイアウト

レイアウトもパソコンとスマホで変えられるのが便利だよね。

●シンプル

レイアウト:シンプル

●カード型

レイアウト:カード型

●マガジン型

レイアウト:マガジン型

●ビッグ

レイアウト:ビッグ

お洒落なカテゴリーラベル

右上の黄色いやつ。シンプルながらお洒落に見えるので、けっこうお気に入りだったりする。カテゴリーラベル:記事一覧

記事ページの方はピン止めしているデザイン。このピンがあるだけで断然可愛くなるね。

カテゴリーラベル:記事ページ

豊富なショートコード

予め用意されているショートコードを入力するだけで、簡単に色んな表現が出来るのも便利。

2カラム・3カラム

クッキー主張

こんな風にカラムを分けることが出来るよ。

クッキー主張

これは2カラム。3カラムにも対応してる。

吹き出し

簡単に吹き出しが使えるので、プロブロガーみたいな(?)記事も書けちゃう。

LINEの王様
LINE風の吹き出しだって。インパクトあって良いね。
フリーダム
シンプルな吹き出しは色々な場面で使えそうだね。

ボタン

ボタンの種類も豊富にあるので困ることはなさそう。というか、無駄に使いたくなる。

ボックス

見出し付きのカラーボックスも簡単に作れる。

見出し付きのボックス
この箱の中に何を書くのか。それが問題である。わざわざ隔離している以上は、それ相応の意味のあることを書きたいと思うところではあるのだが何も思い浮かばないので、こうして私は駄文を打つのである。

注意説明と補足説明

何か注意しておきたいこと、補足したいことがあった場合にもアイコン付きボックスを作れる。

注意事項

春は花粉症に注意。

補足説明

花粉症にはR-1が良いという噂です。

ショートコードは毎回書くと面倒なので、AddQuicktagというプラグインを使うと良い。

有料だけど、それだけの価値はある

CSSやHTMLをいじらなくてもお洒落なブログが作れて、必要なものは大体揃っているので書くことに専念できる。購入には10,800円かかるものの、面倒なことはすっ飛ばして記事を書くことに専念したい人にとっては、その金額を支払うだけの価値があるテーマだと思う。テーマを変えた途端にアクセス数が上がったという話もあるようだし。デザイン・機能ともに優れていて、私はとても気に入った。