【2018.5.26】横浜ブルーラインフェス~MUSIC RIDE~@新横浜BELL’s

横浜ブルーラインフェス

横浜ブルーラインフェスに行ってきたので、簡単にレポを書いていこう。

朝から参戦予定だったのだが、色々あって、あと頭痛にも苛まれ、実際はお昼過ぎからの参戦となった。一時期これは大丈夫かと思うほど頭痛が酷かったが、バファリンを飲んだら完治。ライブは問題なく楽しむことが出来たので良かった。

横浜に到着したタイミングから、気になっていたthe toteがいるBELL’sに行った。着いた時には半分くらい過ぎていたのかな?初めて見たthe toteの音楽は夢や冒険といったワクワク感に満ちていて、元気をもらえるような底抜けの明るさがあった。ハイテンションでノリが良く、特にタンバリンを叩く女性の楽しそうな笑顔が素敵だった。もうちょっと曲を聴いてみたいなと思った。

このBELL’sは私のお目当てLambSoarsがライブを行う会場だった。the tote終了後、実は他の会場で見てみたいアーティストがいたのだけど、体調の不安と迷子になるリスクと、来る時に電車が遅れていたことの不安で、下手したらライブに間に合わなくなるかも?という思いから移動を断念。3会場を移動して回れるという今回のフェスのコンセプト・・・ 今回はごめんなさい(>人<*)!!!

LambSoarsのざっとさんと出入り口のドアで鉢合わせして、突然のことに驚きすぎて言葉を失うハプニングを経てコンビニへ。そこでもざっとさんを見かけて「やばい・・なんだか私、後をつけているみたいだな💦」と思って「違うんです、たまたまなのです!私も買い物したかっただけで!」という気持ちから挙動不審になりつつ、お買い物をして再びBELL’sに戻ってきた。

続いて見たひなたは新潟出身の方らしい。ライブが始まる前にみんなで練習したダブルピースの手の振りからもう楽しかった。ちょいちょい小ネタを挟んでは会場を笑わせていた。時折ネタが分からない私のような新規のクエスチョンマークすらもテンポよく笑いに変えていたのがすごい。演奏した曲を含め、全体的にあったかい感じを受けた。月と太陽という曲がかなり好みだった。

ZILCONIAは音合わせから見たのだけど、調整が終わりスタートまで5分間余ったらしい。早く始めると怒られちゃうんだよ~と冒頭から笑いを誘う。見た目もまさにバンドマンという感じだったが、曲もギターの演奏もなかなか熱くてかっこよかった。一方、メインボーカル=今津さんで良いのかな?自分の着ていたハートのTシャツをネタにしたトークはお茶目だとも思った。その話で40代手前のおじさん~などと歳について触れていたけれども、こんなかっこよくてチャーミングなおじさまなら大歓迎である。ポップな曲からしっとり曲まで好きな感じの曲だったなぁ。

そして私の本命LambSoars、セトリの記憶が若干怪しくなっているが、夏感のあるNot Rewardedからのスタートだったと思う。あまり生で聴く機会のなかった曲というのもあって嬉しい。終始暑そうに演奏するカケくんと涼しげにギターを弾くざっとさんの対比が面白かった。妄想疾患■ガールでは、はっちゃけた雰囲気も出しながら、軽快に音を奏でていた2人。私的に2番Aメロ「無理ー」の言い方に可愛いなぁと思った記憶がある。先日YouTubeに動画を上げたクリス・ハートさんのI LOVE YOUは、優しく包まれるような歌声と特に高音の伸びの美しさがたまらなく、うっとりと聴き入ってしまう。愛を唄えではめでたくカラオケ進出したことを告げたMCの後、力強くかっこよく響く音に盛り上がった。そしてラストはFire Flower、ニコニコ動画にハマり始めた当初halyosyさんが気になっていた私としては懐かしい気持ちもあり、「アッオーエーイエーイエー」とみんなで合唱する一体感もライブならではという感じで、心地良さもあってとても楽しかった。

LambSoarsが終わった後、K.K.の2人が声出し練習でFire Flowerのフレーズを歌い、会場が一瞬沸く。無事に調整が済むと、木村さんの方だと思うけれど会場に向かってコール&レスポンスを始める。一旦ドリンクの交換などでステージから距離を取っていた私も、面白さのあまり釣られてステージの方へ。ライブ前から会場を巻き込んで盛り上げていくトーク力と、土下座パフォーマンスなど体を張っている様子はすごかったし、ライブで披露された曲も2人の歌声も素晴らしかった。特に最後のスーパーマンの曲では「スーパスーパスーパーマン」とみんなで手の振りをしたのも楽しかったし、家に帰ってからも思わず口ずさんでしまうような耳に残る曲だった。

K.K.さん終了後は通路に出てしまったため、ここで私のライブは終了。少し迷った後、まずはK.K.さんにご挨拶に行く。この日のライブを収録したCDを購入しつつ、初めましてであること、木村さんのライブ前トークに釣られたことを伝えると喜ばれ、木村さんからは「俺のおかげだよね!」と嬉しそうに言われる。ほんと面白い人だなーと思っていると、初めての人は写真を撮るらしく恥ずかしがる暇もなくちゃちゃっとスマホで写真を撮られる。せっかちさんなのかと思うほどのテキパキぶりだったw 対して工藤さんは若干シャイなのかな?という雰囲気で、笑った感じが優しそうだ。握手をしてお別れしたが、またライブで見てみたい方々だと思った。

LambSoarsのライブは何度か見ているのにざっとさんと話す機会を逃したままの私だったが、この日カケくんへのご挨拶待ちで並んでいた時に声を掛けるタイミングが訪れて、ついにサインを頂くことが出来た。なんとなく私が声をかけるのは恐れ多いような気持ちでいたのだけど、いざ話してみたらとても気さくな方だったので、またライブでお会いする時にはお話しに行こうと思う。LambSoarsの事と、ざっとさんが色々な事に挑戦をしていてそれに対してすごいなぁと思っていたことを話せたので、話下手な私としてはけっこう話せた方ではないだろうか。うんうん。

カケくんとは最近けっこう話せるようにはなってきたのだけど、基本的に発信は私からである。ところがこの日はゲームネタで話題を振られたので、意外な気持ちと嬉しさでいっぱいになった。カケくん側からすれば何気ないことかもしれないけれども、話を振られたという事と音楽も絡めてより心情的な話をしてもらえた事がとても嬉しかった。嬉しさのあまり頭がふわふわとしていたので、きちんと話せていた自信はないw 最後に6月のニコメンへ行くことを伝えると、今度のニコメンに関わるお話をしてくれて、音楽話を少しだけ出来た。以前のライブでニコメンの演出に感動していたので、その気持ちをわずかでも伝えられたことは良かったし、そういう会話が出来るようになったことはやっぱり嬉しいなと思う。音楽の話をしている時のカケくんはとても楽しそうで、その姿を見るのはとても幸せだった。

この日、サインをもらえるようなノートを持っていなかったので、手帳の最初と最後のページにサインをしてもらったのだけど、始めと終わりがLambSoarsで構成されているのはなんだか贅沢な気分だね。この手帳はわりとよく持ち歩くので、いつでもサインを見られるよ(*´˘`*)♪