【IFTTT】インスタグラムに投稿したら、自動でTwitterに画像付きで投稿されるようにする!

インスタグラムにもTwitterに投稿する機能はある。投稿画面でTwitterの項目をオンにして「シェアする」を押すだけだ。しかし、悲しいかな、画像が表示されずにURLだけになってしまう。そこで今回は、IFTTTを使ってTwitterに画像付きで投稿する方法を書いていく。

IFTTTを活用しよう!

そもそもIFTTTとは?

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。

引用:IFTTT – ウィキペディア

である。簡単に言うと「サイトAで〇〇したら、サイトBで〇〇する」という指示が出来るサービス。普通なら連携が難しいサイト同士でも簡単に連携することが出来る。サイト以外にアプリもあるよ↓

IFTTT

IFTTT

IFTTT無料posted withアプリーチ

まずは会員登録をする

IFTTTへの会員登録

登録はメールの他、Googleアカウント・Facebookアカウントでも可能。

自動投稿のためのレシピを作る

ログインしたら「My Applets」画面になると思うので、右上の自分のアイコンをクリックしてメニューを開き、その中の「Create」というリンクをクリックする。

Createをクリックする

「Create your own」画面が出てきたら「+This」がリンクになっているのでクリックする。

「Create your own」画面

インスタを検索してアイコンをクリックする。大体「In」くらいで出てくると思う。

Instagramのアイコンをクリック

※初めてアプリに接続する場合は「Connect」画面が出てくるので、Connectボタンを押して連携する。

「Choose trigger」画面が表示されるので「Any new photo by you」をクリックする。

「choose trigger」画面

クリックすると以下の画面になる。インスタのアイコンがセットされているね。

Instagramのアイコンがセット済み

続いて「+That」をクリック。Twitterを検索してアイコンをクリックする。「Tw」で確実に出てくるw

Twitterのアイコンをクリック

初めてアプリに接続する場合は「Connect」画面が出てくるので、Connectボタンを押して連携する。

Twitterとの連携

「Choose action」画面が表示されるので「Post a tweet with image」をクリックする。

「Choose action」画面

ツイート内容の編集画面になる。最初「Tweet text」には「Caption」のみ入っていたので、私は「Add Ingredient」をクリックして「Url」も追加した。これはインスタグラムの該当ページへのリンク。

CaptionにUrlを足す

ちなみに、デフォルトではIFTTTの短縮URLになっているので、短縮させたくない場合は「Account(Account settings)」内にある「URL shortening」のチェックを外せばOK!

個人的には外すのをおすすめする。IFTTTを知らない人にとっては、IFTTTの短縮URLよりもインスタのURLの方が安心感があるだろうから(とは言え、IFTTTのURLよりも若干インスタのURLの方が長いので、後述する文字数が気になる場合はIFTTTの方が良いかも)

改行したい場合は、その部分を<pre>で囲む必要がある。

<pre>で囲むと改行できる

<pre>は囲んだ内容をそのまま表示してくれるHTMLタグなので、知っておくと便利だよ。

ツイート内容が決まったら「Create action」ボタンをクリック。最後に「Review and finish」画面が表示されるので「Finish」ボタンを押せば完了。

「Review and finish」画面

これで、インスタグラムで投稿すると自動的にTwitterに画像付きで投稿されるようになる。

ただし、いくつか注意点がある。

実際に投稿する時の注意点

インスタグラムの投稿画面でTwitterの項目をオンにしない(二重投稿になる)
投稿してから反映されるまでにタイムラグがある(強制的に即反映させる方法は別記事で)
インスタの投稿文が140文字以上だと、エラーになってTwitterには投稿されない。
(ハッシュタグ含めた140文字なので、投稿後にインスタの編集で後からタグを付ける手もある)
1投稿で画像が複数ある場合はTwitterには投稿されない模様。そういう時は諦めるしかないね。

 

インスタの投稿画面から画像付きで投稿出来れば1番良いんだけどね、なかなか実装されないね。

上でも書いたけど、別のサイトを経由しているので、どうしてもタイムラグがある。

 

アイコン:コン太
せっかちさん
そんなの待ってられないよ!すぐに投稿されないと心配だよ!

なんて私みたいなせっかちさんに嬉しい情報。なんと、強制的に投稿させる事が出来ちゃうんです!

それについては使い回し出来そうだから(←おい)別記事で書いて、後日この下に載せようと思う↓

関連記事

IFTTTは本来なら連携できないサービス同士を繋げてくれる大変便利なサービスなのだが、反映されるまでに最大で15分ほどのタイムラグがある。「きちんと反映されるか心配だし、すぐに反映されたら嬉しいのに・・・」なんて時に、強制的に即反映させる方[…]

IFTTTのロゴ

 

▼ IFTTTを使って「ブログを更新したら自動でTwitterに投稿される方法」も書いてるよ☆彡

関連記事

今まではJetPackというプラグインを使ってTwitterに自動投稿していたが、これだと画像とリンクが別々に表示されてしまう。そこでIFTTTというサービスを利用することにした。IFTTTを活用しよう!そもそもIFTTTとは?[…]

IFTTTのロゴ

 

▼サイト同士を簡単に連携できる「IFTTT」のアプリはこちら

IFTTT

IFTTT

IFTTT無料posted withアプリーチ