反映までにタイムラグがあるIFTTTを強制的に即反映させる方法

IFTTTは本来なら連携できないサービス同士を繋げてくれる大変便利なサービスなのだが、反映されるまでに最大で15分ほどのタイムラグがある。「きちんと反映されるか心配だし、すぐに反映されたら嬉しいのに・・・」なんて時に、強制的に即反映させる方法を書いていこうと思う。

やり方は至って簡単。自分のアイコンをクリックして、メニュー内の「My Applets」をクリックする。

「My Applets」画面

「My Applets」には自分が作ったレシピが並んでいる。今すぐ反映させたいレシピカードをクリックすると個別ページに飛ぶので、右上にある「Settings」をクリックする。

IFTTTのレシピ画面

縦長のページが表示される。下の方にある「Check now」をクリックする。

レシピの設定画面

クリックした瞬間にチェックが始まり、すぐに上部に結果が表示される。

レシピのチェック完了

「Check completed」は問題なくチェック出来た状態。上手くいかなかった場合、エラーの文言になる。 「Check completed」の場合は、遅くとも大体30秒くらいで反映される。

上の「View activity」をクリックすると、選択しているレシピのオンオフ履歴や投稿履歴が見られる。ちなみに、自分のアイコンをクリックすると出てくるメニュー内にも「Activity」はあるけれど、こちらは全てのレシピの履歴が表示される。

IFTTTのアプリでもほぼ同じような流れで即反映できる。手動だから数が多いと面倒だけど、すぐに反映させたい時は利用すると便利かも。

IFTTT

IFTTT

IFTTT無料posted withアプリーチ

関連記事

インスタグラムにもTwitterに投稿する機能はある。投稿画面でTwitterの項目をオンにして「シェアする」を押すだけだ。しかし、悲しいかな、画像が表示されずにURLだけになってしまう。そこで今回は、IFTTTを使ってTwitterに画像[…]

アイキャッチ画像:IFTTTでInstagramの投稿をTwitterへ
関連記事

今まではJetPackというプラグインを使ってTwitterに自動投稿していたが、これだと画像とリンクが別々に表示されてしまう。そこでIFTTTというサービスを利用することにした。IFTTTを活用しよう!そもそもIFTTTとは?[…]

IFTTTのロゴ