【2019.10.06】KAKE-ONE ~Acoustic Birthday~@高田馬場 LiveCafe mono【2部】

10月6日。カケリネさんのお誕生日に、今年2回目となるワンマンライブが開催された。1部を終えて、続く2部にも参戦してきたので、簡単にレポを書いていこうと思う。記憶の方が若干怪しいのはご了承ください。ちなみに1部のレポはこちら。

関連記事

10月6日はカケリネさんのお誕生日。この記念すべき日が偶然にも日曜であったことから、今年2回目になるワンマンライブが開催された。記憶の方が若干怪しいけど、簡単にレポを書いていこうと思う。1部(15:15頃~)開場時間・開演時間ともに[…]

KAKE-ONE ~Acoustic Birthday~@高田馬場 livecafe mono

2部(19:00~)

交流含め、1部が終わったのが18時近くだったと思われる。1部同様、会場時間・開演時間ともにやや遅れてのスタート。オープニングが流れ、前方のスクリーンが青みがかった後、いなばさんと善也さんが登場。それぞれに楽器の準備をする。最後にカケリネさんが登場して、ギターを持つ。

ギターで弾き語り

1曲目はL’Arc〜en〜Cielの『HONEY』。この曲の歌詞が「夢の場所へみんなを連れて行く」という想いと重なるのだと、前に話していたカケリネさん。好きな曲かつ得意な曲でもあるだろうし、これを1曲目に持ってくるところが熱い。アコースティックギターながら激しく体を動かしていて、時折足を上げながら弾いたりもして、ものすごくかっこよかった。既にもう勢いがついて楽しそう。

続けて2曲目もギターで『Break the limit』。本日2回目ということもあってか、1部の時よりもさらに熱さを感じる演奏だった。安定感はあるものの、その中に留まらないような、それこそぶっ壊しに行ってるような、パワフルな音と歌声。強く言葉を刻むラップからサビへの流れもかっこいいし、声を張り上げるサビでの歌声も綺麗に伸びていて、とても心地良かった。カケリネさん本領発揮って感じだね。

終わってMCになった時、ギターを少し鳴らしてみて「すっごい音になってる!」と手早くチューニングするカケリネさん。チューニングしながら「こんなね、ガッツリ決めた格好で、こんな事してる僕をしばしご観覧ください」と自虐プレイ。ちなみに2部の格好は黒いシャツに黒いジャケット(だったはず←)を着ていて、シャープにキメキメの格好。1部は歌詞間違えなどで、ほわ~っとした雰囲気になったからか、「2部ではふんわりしすぎないようにしたいと思います」なんて言っていた。

「大切な人を想いながら聴いてください」という言葉とともに3曲目『Lovin’ you』。私にとっての大切な人はカケリネさんなのだけど、カケリネさんを想って聴いたらいいのかな?と、ちょっと意地悪なことを思う私w 爽やかな風を感じるようなギターの音色と、ゆったりとしたメロディーに心が落ち着く。歌声がとっても綺麗で優しくて。あったかい気持ちになれる。

この辺りのMCだったかな?「ふんわりさせます」的なことを言ったカケリネさん。「お?ついさっき、ふんわりしすぎないように~って言ってたぞ?w」なんて思っていたら、「あえてふんわりと~」と言っていて笑ってしまったw あえてふんわりさせるのねw

ピアノで弾き語り

4曲目は『Stand By You』。1部同様、曲の前にみんなで練習をする。最初は入るタイミングを間違えかけて「まだインストールが~!w」なんて言っていたカケリネさんだったけど、一呼吸置くと今度は上手くコールが出来る。何回か練習してから、いざ曲へ。ノリノリで「ステンバイユー」と振るカケリネさんに対して、「ウォーウォウォウォ~ウォーウォウォウォーウォ~」と返す声も大きくて、客席側から聴いていても綺麗だなぁと思うくらいだったよ。あ、私もちゃんと言ったからね。カケリネさんは気持ち良さそうに弾いていた。歌っていた。とても楽しそうだった。

「最初にMVを作った曲で~」と話し始めるカケリネさん。5曲目は『crazy baby girl』。これも最初にサビでの手振りの練習タイムがあった。「みんなもう知ってるかもしれないけど、2部しか来れてない人もいるかもしれないから練習するね」と言って何度か練習をする。「最後!」と言って練習した後、更に2回ほど振りを求めてきた事に「最後じゃないじゃんw」と心の中で突っ込み。曲に入る前に「今日は僕が出来ないので、代わりにやってください」と言っていたのに、曲の途中から「僕が今日立たないとでも思った!?」と立ち上がり、マイクを持って歌い始めたのはビックリした。フリーダムかよw 間奏中「初めて1日ずっと弾き語りでやってみて、もっと鍛えなきゃなって思った部分もあるし」じっとしているのに耐えられなかったのかな(?)、全身自由になったカケリネさんは、会場のあちこちに手の振りを促しては凝視、振りをしてくれたのを見て嬉しそうな顔をしていたw

いなばさん&善也さんの演奏のみで歌う

「次もこのスタイルでいきます」ということで、そのまま立って歌うカケリネさん。6曲目は『Mellow Mellow』だった。1部の時は見惚れて忘れてた若干気を抜いていたのだけど、2部ではちゃんと「have a nice day」の掛け声もしたよ。ここぞとばかりに軽快に動きながら歌っている姿がとても面白かっt・・・かっこよかった!w ラップの歌い方が可愛らしいんだよね。安定感もありつつ、はしゃいでいるかのような感じの無邪気さにつられて楽しくなってしまう。

再び、ピアノで弾き語り

「1stアルバムで、4曲だけボカロ曲をカバーして。その中から1曲弾きます」ボカロ曲・・・思い出そうとするとカケリネさん「夢地図・・・夢地図・・・夢地図(夢地図多いw)、S・K・Y、それから・・・セツナトリップ、あとホシアイ!」おお、おお、言っちゃうのね、その中のどれかって事ねw

「最初は歌詞の意味がわからなくて。どういう意味なんだろうって思ってたけど。9割が全て伏線で、残りの1割に繋がっているんだなって、それが分かった時にすごく感動して」これを聴いていて、もしや?と思っていたら。7曲目は『S・K・Y』(ビンゴ!)。なんだか急に懐かしくなってしまって「ああ、昔生放送でよく歌っていたなぁ」と思い出す。ラストの歌い方のアレンジがすごく好きなんだ。いつ聴いてもキラキラとした透明感があって純粋さを感じる曲だなぁ。

ゲームコーナー(罰ゲーム付き)

1部同様「シークレットゲストを呼んでます、りお~!」と呼び込むカケリネさん。りおさんはパイプ椅子を片手にやや緊張した面持ちで登場。立ち止まると、折り畳まれているパイプ椅子を思いっきり開く。開いたのを見て嬉しそうにドヤ顔をするりおさん。と思ったら、開き切っていなかったのか元に戻ってしまう。カケリネさんがお手伝いして無事に開くことが出来た。りおさんは「裏であんなに練習したのにな~」と悔しそう。練習したのかw 惜しかったよね・・・!という気持ち。

この辺りだったかFF10の話になった。りおさんがFF10を未プレイだと知って、いかさんも交えた3人(だったかな?)で生実況したことがあって。カケリネさん「その時だけでやってないでしょ~」 対してりおさん「FF10は正直俺にはよくわからなかったけど、買ったらみんなが家に遊びに来てくれると思っていたのに、全然来てくれない」となんだか少し寂しそうにしているのが可愛らしい。カケリネさん「ああ、行ってないね~!まあね、俺らもただ懐かしがりたかったのみたいなとこあるし。ああ、そこは〜!(口の辺りを抑えながら)ああ〜言ったらネタバレになる〜みたいな」りおさん・・・可哀想にw

カケリネさんが「ゲームしよう!」と言って、何かを取りにステージ裏へ。その間にりおさんは客席に向かって「FF10やったことある人ってどのくらいいますー?」と質問。手を挙げる人はあまりいなかったようで、「FF10率そんなに高くないんだ。なんだ俺だけなのかと思ってた~」と独り言のように呟いていて面白い。カケリネさんが戻ってくると、手にしていたのは『黒ひげ危機一髪(新品未開封)』だった。このために、人生初めて自ら買ったらしい。瞬時に以前の生放送を思い出し、思わず吹き出してしまう私←

以前の生放送でカケリネさんは、開始1発目で黒ひげを飛ばしたことがある(確率にして1/24)。その強運?な話を聞いて驚く様子のりおさん。「そうでしょ、私の推しさん超強運?の持ち主なんだよ。なのに自らこのゲーム持ってくるとはw」と思う私。ちなみに今回は12本。カケリネさん・りおさん・いなばさん・善也さんの4人でチャレンジするので、最大で3周ということになる。

カケリネさんが「罰ゲーム何にする?一応俺も考えてきたんだけど」と言いながら客席にも聞いてきたけれど、特に案も出ないので、生放送の時の罰ゲーム『赤ちゃん言葉で自己紹介をする』を提案。これに決まる。あの時、あれだけ恥ずかしそうにやっていたのにw リベンジも兼ねているようで「絶対負けたくねぇ~」と張り切るカケリネさんを見ながら、めちゃめちゃ不安な私w

じゃんけんをして、いなばさん→りおさん→善也さん→カケリネさんの順に剣を刺すことになった。カケリネさんの件があるので、1発目から不安げないなばさん。しかし、刺してみると飛ばない。見ている私までハラハラしてしまう。それぞれに不安げなリアクションをしつつ、順番に刺していく。1周目は何事もなく終わり、2週目もカケリネさんが順番を間違えそうになるトラブルwがあったものの、問題なく終わる。2回とも回避できたカケリネさんは「なんだ~やっぱり運ゲーじゃん。あれは運が悪かっただけなんだな~」と言って、りおさんに「だから運ゲーだってw」と突っ込まれていた。

いよいよ3周目。なかなか飛ばないので「誰も飛ばずに最後まで言ったらどうする?」に対して、カケリネさんが「そしたら俺が責任持つよ」と。まずは、いなばさんが樽の前に向かう。次に番が来るりおさんはハラハラした様子。私もハラハラしすぎて、リアルに胸の辺りが痛くなってくる。カケリネさんが「この辺とかどう~?」と提案するものの、「(開封して)1番始めだから危ない気がする」と別のところへ刺した瞬間、ポーンっと黒ひげが飛んだ!おおおおお。いなばさんの負けだ。「思ったより飛ばなくてビックリした~」というカケリネさんの横で、考えすぎて負けてしまったいなばさんはなんだか悔しそう。

そして、罰ゲーム『赤ちゃん言葉で自己紹介をする』。いなばさんが「赤ちゃん言葉ってどうすればいいんですか?」と聞くとカケリネさん「それは、いなばが思う赤ちゃんのイメージで良いんじゃない?」うむ、答えになってないようなw りおさんが「お名前は?」と聞いて、いなばさんが「いなばでちゅ」と答える。最初は地声に近かったけど、ダメ出しを受けて高い声に変えて、恥ずかしそうにしながらもしっかりやってくれるいなばさん。可愛かった。最後にカケリネさんが「ワンマンに出た感想は?」と聞くと、急に地声に戻り「もうやらない」いなばさんおこw

「こんな気持ちで出来ないですよね~言い出した人に責任を取ってもらわないと」といなばさんw りおさんも一緒になっておこになり、カケリネさんは「えっw」って感じの表情。会場からの煽りもあって、赤ちゃん言葉で話すことに。勝ったのにw 質問は忘れちゃった(ごめんw)けど、カケリネさんが話す様子を見て、笑いながらいなばさん「赤ちゃんのイメージって人によって全然違いますね」ほんとにねwww でも、どっちも可愛かったよ。悔しいのか本当に見たいのか、善也さんにも振ろうとするカケリネさんをりおさんが止めて罰ゲームは終了。それぞれの色んな一面を見られて面白かったし、とても和んだ。

りおさんと2人で歌う(ピアノ弾き語り)

いなばさんと善也さんが一旦はけて、りおさんとカケリネさんの2人になる。りおさんは「カケちゃんと俺、キンキとかタッキー&翼みたいな感じあるなと思ってるんだけど」と話す。それは私も思ってたよ。りおさん、昔からそういう2人組のグループに憧れがあったんだって。だから、カケリネさんと2人で歌えることがとても嬉しいみたい。

今度の11月に開催予定のライブ『Capital Rhythm』の事でも、2人はよく一緒に動いているらしく。りおさんにとって『Capital Rhythm』は、歌が凄い人たちを集めてこういうイベントしたいなーという想いをようやく形に出来る、いわば夢の舞台なのだそう。チケット当選して私も行くのだけど、ライブへの熱い想いを聞くと、ますます楽しみになってしまう。

そして8曲目は『ピニャコラーダ』。2人が歌うこの曲を初めて聴いた時にキンキっぽいなぁと思ったんだよね。しっとりとした曲に艶っぽい歌声、息ぴったりでかっこよかった。ちなみに、最初はピアノを弾きながらりおさんの方をチラチラと気にするカケリネさん→終盤で歌の合間に2人バチッと目が合う(りおさんの後ろへの振り返り方がかっこよかった記憶)→りおさんがカケリネさんの方を見るも目が合わず→ラストでりおさんが再びカケリネさんの方を見て、推しさん!気付いて!と思っていたら最後に2人目が合う。お互いにすれ違いながら途中と最後に目が合う、この流れがなんだかとってもドキドキした。

再び、1人でピアノ弾き語り

りおさんが退場するとカケリネさん「あいつ真っ直ぐでしょう。あんなに真っ直ぐな人これまで会ったことないよ。りおは凄い人になるんじゃないかと思ってる。尊敬しているし・・・(この後が思い出せないけど、一緒に出来て嬉しい的な事を話したんじゃないかという予想)」。カケリネさんの声音はとても優しくて慈愛に満ちていた。「ずっと、俺の中でいつかは壊さなきゃいけないと思っていて、それでもどうしても壊せずにいたものを、りおが壊してくれたんだ」とカケリネさん。例えば、好きなものを好きだと表現することだったり、本当は自身の曲にプライドを持って取り組んでいるのに変に謙虚になってしまったり、リスナーがこう思っているだろうと考えすぎて自分の気持ちを抑えてしまったり、本当はすごい人なのに積極的に自分自身をアピールことが苦手だったり、そういう事なのかな?と勝手に推測する私(違っていたらすみませんw)。りおさんと出逢ったことでカケリネさんが何かしらの枷を外せたのなら、それはとっても素敵なことだなと思う。

そんなお話の後の9曲目『ボクノヨゾラ』。ピアノを弾き始めてしばらくすると、あからさまに左右をキョロキョロと確認するカケリネさん。ん?と思っていると、いなばさんと善也さんが出てきて楽器に向かう。本当は先に呼び込むとか、そういう感じだったのかな??もう何回も聴いている曲だけれど、この時はいつも以上にピアノのキラキラした音と歌詞の言葉がすーっと心に入ってきて、ちょっぴり泣きそうになった。りおさんとのエピソードが響いたのもあるだろうし、私自身色々と思うところがあって。それで泣きかけてしまった。

「歌詞が寂しく感じるかもしれないけど、俺の中では盛り上がる曲です」と言って10曲目『I’ll always stay with you』。たしかに寂しい感じもする曲だけど、私の中では「一度深く沈み込んだからこそ見える景色があって、それゆえ前に歩き出そうとする強さ」をイメージする曲だなぁと思う。だから、少しワクワク?に近い感情を抱く。あと、2部の時だったかな?この曲を歌い始める前にあるお知らせがあった。今の時点では多分まだ秘密の話かもしれないから書かないでおくけれど、とても嬉しいお知らせだった。

「これが最後の曲になります」と言うカケリネさんに対して、もちろんコールは「え~今来たばっかリネ~↑」。たしか語尾が上がって声量もすごかったので「おぉ~いいじゃん!いいじゃん!」と満足そうな笑みを浮かべながら褒めるカケリネさん。2部でもやっぱり「今後、僕のライブでは一生この言葉を使ってもらうんで!一生!」と目に力を込めて言う。だから、目力強すぎて怖いってばw

ラスト11曲目は懐かしさも感じる『ホシアイ』だった。カケリネさん×ボカロと言ったらこの曲!ってくらい、カケリネさんの声とマッチしている。カケリネさんの持つ優しい声、力強さの中にある確かな温かさ、綺麗に伸びる高音、澄んだピアノの音色がとても心地良い。最後の曲で肩の力も抜けたのか、時折この日1番と言えるくらいの無邪気な顔を見せては歌っていた。心の奥まであったかくなるような、とても素敵なラストだった。

アンコール

声が通るのが苦手なんだよ~💦 あの距離じゃ、絶対本人にアンコールしてるのバレるじゃん(?)というわけで、みんなアンコールしないかなぁ~と思いながら、大きな声でアンコールしている方に合わせて、最初は小さめの声でアンコールする私。出てこないので、大きめの声でアンコール、さらに声を少し高くしてみる、という3段階アンコールをしていたら、カケリネさんが出てきて咄嗟に顔を覆う(?)

お誕生日ケーキのサプライズ

先に記念写真を撮ろうとして、りおさんを呼んだ後だったかなぁ?「お誕生日おめでとうございます!」という言葉と共に、客席後方にケーキを持ったスタッフさんが登場!実は開演前にこっそりとスタッフさんが、通路側のお客さんに「ケーキが通るので気を付けてください」と告知していたのだ(私は聞き取れなかったけど、隣にいた方が話している内容を教えてくれた)。いつ出てくるかな~?と思っていたけど、アンコールだったのね。

「ハッピーバースデートゥーユー♪」と歌いつつロウソクに火を付けようとするも手こずるスタッフさん。客席でもみんな一緒に「ハッピーバースデーディア~♪」まで歌い、その後は「ア~~~~~~♪」とケーキがステージに届くまで伸ばし続ける。ようやくケーキが届いたところで「カケリネさん~♪ハッピーバースデートゥーユー♪」ケーキを受け取ってロウソクの火を吹き消したカケリネさんは「おおっ!すげぇ!ありがとうございます!」と嬉しそう。チョコレートに書かれたメッセージもしっかりと読み、「後で頂きます~!」と言って一旦どこへ置こうかと探しているカケリネさんに、りおさんが「それ持って写真撮ればいいじゃん~」ナイスアシスト(*>ω<)b

1部では中央へ寄って撮ったけど、今度は端から撮ることになり、全員が写るようになるべくみんな椅子を動かして左側へ寄る。最初はSNS用の写真を撮ったんだけど、カメラマンさんが1度撮って終わったと思いきや連写をしまくり「おおぉぉおお?」となる私。続いてプライベート用の写真を撮る時には、またしてもカケリネさん「俺が次のワンマンで、誰が来てるかな~ってチェックする用だから~☆彡」とそれはもう楽しそうに話していて。ほんとにすごい意地悪だよねwww

りおさんからのサプライズ

りおさんが退場した後、ギターをセットするカケリネさん。すると「タイミングがあれだけど・・・」とりおさんが戻ってきた。手にはプレゼントの袋。「えっ!なんで2個も買ってるの~?w」とカケリネさん。プレゼントを受け取って嬉々として包みを開ける。中から出てきたのは、ヒールがあってゴールドの金具がついたスタイリッシュでオシャレなブーツ。

りおさん「この間、カケちゃんと靴を見ていて。これいいなぁ~みたいに言ってて。その時は買わなかったんだけどね。ほら、りおさしかけっこ(ライブ)の時、ジャケット着てたじゃん。あれ、かっこよかったんだけど、何か物足りないなーと思っていて。でも買う時に、カケちゃんすごく嬉しそうにしているから言い出せなくてw」と笑いながら話す。そこでふとカケリネさん「あれ?でも何で俺の靴のサイズ知って・・・?」りおさん「この間遊びに行った時に聞いたじゃん?カケちゃん、俺より靴大きいねって」カケリネさん「~っ!すげぇぇええ!」会場中からもわぁぁああ~と歓声が。りおさん「何も聞かなくても自分から言ってたよ、『俺26.5だから』って」なるほどね、カケリネさんの靴のサイズは26.5らしいですよ!(?)って、りおさんスマートすぎか。ナチュラルに引き出せるのすごいな。テクニシャンだな。

カケリネさんは2部でも嬉しそうに「今履くわ~」とその場でブーツを履いて見せる。ギターをかけているのでやや苦戦しているようだったけど、無事に履けてスッと立つと「・・・おお!背が高くなった!」と大興奮のカケリネさん。ブーツはすごく似合っているし、脚もすらっと長く見えてかっこよさは増し増しだった。カケリネさんの表情も誇らしげに見えた。私のいた席は下から見上げる感じだったので、背が高くなり見下ろされている感も増したカケリネさんと目が合うと、なんだかドキドキ(?)してしまう。そのブーツは履いたまま、はしゃいだ様子でりおさんに元々履いていた靴とラッピングを渡して、いよいよアンコールの曲へ。

リベンジのアンコール

「前回のワンマンでやろうと思っていたんだけど、出来なかった曲で」とカケリネさん。アンコールは『ボクノスベテ』だった。駆け抜けるような疾走感と、純粋でキラキラとした透明感と、カケリネさんの真っ直ぐで熱くて力強い歌声が素敵な曲で。早口で歌うところを歌い切った時の爽快感も気持ち良いんだよね。本当にこの人は楽しそうに歌うなぁ~と、微笑ましい気持ちになりながら見ていた。ギターを思いっきりかき鳴らし、体をゆらゆらと動かしながら、全力で歌っている様子がたまらなくかっこよかった。1番最後にこの曲を聴けて良かったよ。

曲が終わって退場前に、会場のあちらこちらに視線を向けるカケリネさん。わかってますよ~絶対目が合わないんだよ~と思いながら見ていたら、合ったような気が・・・いや、やっぱり合ってない(?)
別に合わなくてもいいもんね、ふーんだ(・・・すみませんw)

2部も参戦してのライブの感想

1部も凄かった。これで2部大丈夫かな?と思うくらい凄かった。それなのに2部で更に楽しませてくれる。そんなカケリネさんのファンでいられて幸せだと思う。

色々なカケリネさんを見られて嬉しかった。お誕生日という特別な日に一緒に過ごせて嬉しかった。お祝いする側の私が幸せをもらってしまった。カケリネさんの音楽にはいつもあったかさがある。とても無邪気で、かっこよくて、可愛らしくて、時々意地悪で、ユニークで、優しくて。たくさんの魅力を持っている人だからこそ、あんなに素敵な音を奏でられるのかな・・・なんてね。

お誕生日おめでとう、と直接言えて良かった。とても幸せな1日になったよ。ありがとう。

会場に飾られていたお花の写真も撮ってきた。お花もイラストも可愛いなぁ。

フラワーケーキとバルーンフラワー

このうち一つだけ、ほんの気持ち程度、参加させて頂きました。

実際どういう風になるんだろう~?って楽しみだったんだ。とっても可愛くて嬉しい。

交流タイムについては、2部も心の中に留めておきます。

ちなみに、いなばさんに音をお願いするための合図として「いなばっ!」と名前を呼ぶカケリネさんが、実に生き生きとして、とても気持ち良さそうな顔をしていたことは書いておこう。

関連記事

10月6日はカケリネさんのお誕生日。この記念すべき日が偶然にも日曜であったことから、今年2回目になるワンマンライブが開催された。記憶の方が若干怪しいけど、簡単にレポを書いていこうと思う。1部(15:15頃~)開場時間・開演時間ともに[…]

KAKE-ONE ~Acoustic Birthday~@高田馬場 livecafe mono

2部のセトリ一覧

  1. HONEY
  2. Break the limit
  3. Lovin’ you
  4. Stand By You
  5. crazy baby girl
  6. Mellow Mellow
  7. S・K・Y
  8. ピニャコラーダ(カケリネさん×りおさん)
  9. ボクノヨゾラ
  10. I’ll always stay with you
  11. ホシアイ
  12. ボクノスベテ(アンコール)