【2019.5.4】KAKE-ONE~GW中の貴重な土曜は頂いた~@BIRDLAND【夜の部】

カケリネさんのワンマンライブ@昼の部を終えて、グッズの白Tシャツから黒Tシャツに着替える。あまりゆっくりする時間はなかったので、適当に食事を取り、次のライブに備えていると、ほどなくして整列開始。今回は定刻通りに進んでいく。

開場してライブが始まるまでの間、この記事のアイキャッチ画像にもなっているスタンドフラワーの写真を撮りに行った。4つのうち1つは私も協力させてもらった物で、こうやって実際形になったのを見ると嬉しい気持ちになる。声をかけてくれたカケリスさんには感謝しかない。

夜の部(18:30~)

照明が落ちてイントロが流れ、ギターの善也さん、ベースの祐太郎さん、ドラムのいなばさん、そしてカケくんが登場。いよいよライブが始まる。2部ではベースも加わって、バンド演奏が多めの構成だった。

初っ端から飛ばしまくりのカケくん

1曲目は『夢地図』。この曲を聴くと虹オケを思い出すなぁ。ワンマンライブの最初に『夢地図』を歌うのは、ここから広がっていく夢の始まりを連想するようで熱い。カケくんの伸び伸びとした高音がとても心地良い。この曲も、カケくんの変わらない真っ直ぐさを感じるようで、なんだか嬉しくなる。

続いて2曲目は1部でも歌った『愛を唄え』。1部ではオケだったけど、2部ではバンド演奏ということもあってか、更にテンションが高い。サビ前の「フォーイ」「ソレソレソレソレ」コールを楽しそうにしていた。本当に楽しんでいる様子もありつつ、積極的に場を盛り上げようとしてくれている感じもあった。おかげで最初からだいぶハイテンションになり、サビで手を振る時も思いっきり振って楽しんだ。

そして3曲目『ワールド・ランプシェード』。これはやってくれたらいいな~と密かに思っていた。カケくんの事が大好きになった曲だから。その圧倒的な歌声に魅了されて動画を何度も聴いていたのを思い出し、感慨深い気持ちになった。泣いてしまいそうだった。ワンマンライブで聴けるのは嬉しかったなぁ。

「先日MVも投稿したんですけど」と紹介したのは2部だったかな。4曲目『crazy baby girl』のイントロでMCがあった。内容は忘れてしまったけど、そのMCで噛んじゃってやや苦笑いのカケくんと笑いに包まれる会場。なんとなく今回もやらかしそうな雰囲気が・・・と思ったら、案の定、途中で少しだけ歌詞が飛ぶw サビでは今回も客席のあちこちに手の振りを促し、ついに私とも目が合ってしまう。最近合わなかったから気を抜いていたのに!振りをする間じーっと見るカケくん、視線に耐えきれず1回目を逸らす私←

5曲目はまだ音源化されていない新曲『I’m always stay with you』。カケくんの作る曲は無邪気でキラキラと澄んだ曲が多いイメージだけど、これは落ち着いた大人っぽさを感じる曲だな~と思う。サビの壮大な世界観は、また違う一面を見せられたという感じ。聴くのは2度目で、前回も手の振りあったかな?サビで手を上下に振るのが一体感あって楽しい。歌の途中でさっとピアノに移動し、前かがみで弾いては歌って、またステージ中央に戻ってくる。その気軽な自由さ良いよね。

「あまり歌わないんですけど~」みたいなMCがあったような気がする。「1stアルバムにも入っている曲で~」とカケくん。6曲目『S・K・Y』のタイトルコールに、客席側ですごく喜んでいる人がいてほっこりした。『S・K・Y』は好きになり立ての頃の生放送でよく聴いていたな。最後のいつまでもいつまでも尾を引くような歌声がたまらないんだ。ピアノもとてもキラキラとしている。

1人目のゲスト(奏さん)が登場

続いて、奏さんを呼んで7曲目『Mellow Mellow』を歌う。FCライブでも歌ったけど、バンド演奏×2人で歌うとまた雰囲気が変わるよね。ノリが良く底抜けの明るさを感じる曲調に、軽快なラップが心地良い。2人とも跳ねるように(?)動きながら歌っていて、楽しそうなその姿に釣られて楽しくなってしまう。

ここでカケくんが一旦はけて、奏さんがピアノに座りMCをする。なんでも当初歌う予定だった曲が、都合により歌えなくなってしまったそうで、「どうしようかなー?」と迷った末に選んだのが8曲目『さよならのかわりに』らしい。やっぱりピアノの音が綺麗だな~と思いながら、奏さん独特のアレンジが効いた歌声も素敵で聴き入っていた。

2人目のゲスト(あじっこさん)が登場

奏さんと入れ替わって、今度はあじっこさんが登場。あじっこさん・・・トレードマークの眼鏡がないぞ。眼鏡やめたわけじゃないよね?と思っていたら、横の方で「あじっこさん、眼鏡・・・」と呟く声が聞こえた。みんな思う事は一緒なのね。なんで眼鏡してなかったのか気になるw

まずはソロで9曲目『夜もすがら君想ふ』。あじっこさんと言ったらこの曲っていうイメージあるなぁ。疾走感のある曲調にぴったりの爽やかな歌声がかっこいい。いつも思うのだけど、客席への煽り方にバンドマンっぽい感じがあるよね。サビで手を振りながら聴くのが楽しいんだ。

再びカケくんが登場。あじっこさんが出る時点で「もしかしたら?」と期待はしていたが、タイトルコールで悶えた。10曲目は2人で動画投稿もしている『PLATONIC GIRL』。ずっと生で聴きたかったんだよ。念願叶って嬉しい。熱量が半端ない。熱くてかっこいい。動画の「間接キス~」の歌い方が好きすぎるので、その部分は全聴力を注いで聴いていた←

3人目のゲスト(こめてっとさん)が登場

続いて、カケくんが朝に生放送をやっていた頃からリスナーで大ファンだという、こめてっとさんが登場。ニコニコと嬉しそうに出てくる。「ずっとリスナーだった俺が隣で歌うなんて」と嬉しそうに言っていて、本当に好きなんだなぁと微笑ましい気持ちになった。この後、カケくんがいかに純粋かを語るためにエピソードを投下してくれたこめてっとさん、グッジョブ(*>ω<)b

こめてっとさん曰く、お菓子の福袋があって、ポテチを引き当てたカケくん。よっぽど嬉しかったのか、手に取ったポテチの袋を見た瞬間に「おぉぉおおぉぉぉお」と子供のように無邪気にはしゃいでいたらしい。その時のはしゃいでいる様子を体で再現しながら「ポテチでこんなに無邪気に喜ぶカケさんんっ!」

また、わさビーフを食べていた時には思ったよりも辛くなかったのか、一回「うん?」と言った後、「うーん」と言いながら食べていたのが面白かったようで。この時のカケくんの様子をこめてっとさんがモノマネしてくれて笑ったなぁ。

そして、11曲目にカケくん×こめてっとさんで『ホシアイ』。歌声の綺麗さに感動していたら、曲の間奏中かな?ステージ後ろのカーテンがさーっと開いて、窓の向こうの東京タワーを背にして歌う演出。ビックリした。粋なことするなぁ。ダブルで感動した。

ホシアイ』が終わった後、東京タワーがちょうどオレンジ色だったのを見て、「カケさんカラーだ」とこめてっとさん。カケくんも嬉しそう。くっきりと見える東京タワーが、ワンマンライブを見守ってくれているみたいに思えてきて楽しい。

こめてっとさんがカケくんと歌えて嬉しいことをニコニコと話すと、「俺もこめてっとくん(=こめちゃん呼びかもしれないけど、この時はフルネームだった気もする)の歌が本当に好きで」とカケくん。「こめちゃんに来てもらえて嬉しいよ」「どんなすごい人でも歌が好きじゃなきゃ呼びたくないもん」相思相愛だね(*´ω`*)

次の曲はこめてっとさんのソロだけど、曲に入る前にカケくんが一言「うちのリスナーさん、耳が肥えてるからね」・・・ちょ、ハードル上げるの本当やめてwと心の中でツッコミしつつ。カケくんがはけて12曲目「ストリーミングハート」。ふわ~っとしたトークとは打って変わって、尖った感じの歌い方がとてもかっこよかった。サビではヘドバンがあり、最近少しだけ慣れてきた私もヘドバン・・・っていうか折り畳み?をする。

再び、カケくん1人で歌う

こめてっとさんと入れ替わりで、ここからはカケくんのソロ。「オリジナルが全てじゃないと思うんです。世の中には自分の気持ちを歌ってくれているような曲がたくさんあって。その中でも僕が尊敬しているUVERworldさんの曲を歌おうと思います」おお・・・UVER歌うのか!という気持ちと同時に、なぜ「さん」付けたしwって心の中でツッコミ。グループ名だから呼び捨てで大丈夫だよ。前はたしか呼び捨てだった気がするんだけどな。可愛いな(´ω`*)←

そんな13曲目は『DECIDED』。この曲を生で歌うのか~ってビックリしたし、今回はUVERを歌うとは思っていなかったので、聴けて嬉しい気持ちだった。しかもあのMCからのこの曲は、こんな風に想っているのかなーなんて重ねて考えてなお熱いな。バンド演奏の中で歌うのも熱かったし、全力感のある歌声はとてもかっこよかった。

続く14曲目に『CORE PRIDE』。カケくん、コアプラ好きだな~。聴く度にどんどんかっこよくなっている気がする。もう持ち歌みたいだね。『DECIDED』からの流れでヒートアップする中、私も手を振りながら応戦。間奏で「辛い事とか悲しい事、色々あると思うけど、全部ここに置いていけよ」「俺が全部受け止めてやるよ」みたいな事を言っていた。あれはかっこよかったね。にぎ爆の時はTwitterで後から訂正(?)が入ったから書かなかったけど、今回は書いてあげようね(´ω`*)←

そのMCを聴いてTwitter事案を思い出し、チラッと「大丈夫かしら」と思ったのは内緒。あと、FCライブでの事を思い出し、私はいつもカケくんを困らせるようなことを言ってしまうな~と苦笑しつつ。熱気の中で盛り上がった。

15曲目『Super Summer Days』はザ・夏って感じの明るく元気になれる曲。楽しすぎて、ジャンプ禁止の会場なのが惜しまれるほどジャンプしたい衝動に駆られたし、タオル回しをしたくなった。あと、あれはこの曲だったかな?たしかどこかの会場で、カケくんの提供曲でタオル回しをしたことがあって。とても興奮した覚えがある。いつかタオル回しがデフォルトになったら嬉しい。

「次の曲で最後になります」という言葉に、言っていいのかな?って感じの戸惑いが混じった「え~今来たばっかり~」の声。その様子を見たカケくん、やや笑いながら「言いにくいよね、次のライブまでに僕らしいのを考えておくから待ってて~」。カケくんが考えてくれるのかw

最後の曲に向けて楽器の音が鳴り響く。体に伝わる音の振動。声を張り上げないと聞き取れないくらいのバリバリとした音を背に、一瞬少し焦っているようにも笑い出したようにも見える表情をするカケくん。精一杯声を張り上げながらMCをしている姿は、なんだか少し嬉しそうに見えて、こういうバンド感を望んでいたのかな?なんて思ったりもする。

とある発表もあり、どんどん広がっていくカケくんの音楽。曲前のMCでは「今日はありがとうございます」という感謝の言葉と共に「大きなステージに立つ夢もあるし、まだまだ頑張ってこれからも音楽活動を続けていくのでよろしくお願いします」というニュアンスの事を言っていた。興奮していたのもあって記憶がちょっと曖昧かな。

そしてラスト16曲目、ワンマンライブの締めくくりにピッタリの新曲『Break the limit』を歌う。持てる力の全てを出し尽くすような全力の歌声。全力のパフォーマンス。疾走感のある曲調にラップのかっこよさ、突き抜けるような高音の伸びがたまらない。生で聴くのはこれで4回目だけど、どんどん歌いこなしているなって思う。パワフルで熱い歌声と体全体で歌っているようなカケくんの姿は本当にかっこよかった。最高のラストだった。ちなみに結び目を作る時に、一瞬持っているマイクで作りにくそうな感じ?と思ったら、無事に作って切ったので安心した私←

曲が終わると会場のあちらこちらを見ながら手を振るカケくん。カケくんが去り際に手を振る時は、ほとんどいつも私とは目が合わない。なんなら避けられてる?レベルなのが切ない。まあ、いいんだけどね。別に、いいんだけどね(拗ねてる)

カケくんが去った後、少し間を置いてアンコールが発生。私も便乗して手を叩き始める。最初のうちは1部同様、声が通るのが気になって照れていたのだけど、後方にいた方が大きな声で率先して「アンコール!」と叫んでくれたことで言いやすくなって、頑張って声を出してみた。一度言い始めれば案外平気だったりするものだよね。やっぱりコールする方が楽しいな。今後は声が通りそうな状況でもなるべく(なるべく!w)頑張ってアンコールしようかなと思ったし、なんなら率先して声を出してくれた方のように、アンコールを言いやすい雰囲気を作れたらいいなーと思う。

2部の方がアンコールの声が大きかったからか、「アンコールありがと~」と言いながら出てきたカケくんはやや嬉しそうな気がした。ピアノの前に座り、曲のイントロを弾き始めるカケくん。アンコール1曲目は『ドレミファロンド』だった・・・のだが、急遽決めたのか、スマホ片手に頑張って曲を検索するいなばさん。その間ずっとイントロを弾き続けるカケくんが面白かったな。善也さんと祐太郎さんもちょっと笑いながら、カケくんといなばさんと客席を順番に見ている。

やっと曲が見つかったようで、楽器の演奏と共にいよいよ歌い始める。さっきまで『Break the limit』でガンガン歌っていた人とは思えないほど(?)可愛らしい歌声にほっこりした。後半「~のロンド」と歌うところでは、「~んっ!とりあえず(?)カケリス!」と言って「カケリスのローンド♪カケリスのローンド♪カケリスのローンド♪」と歌い始め、順番に奏さん・あじっこさん・こめてっとさんのリスナーさんもコールする。こめてっとさんの時に「こめちゃん何だっけ…..!何だっけ……!」とちょっと焦っていたのが印象深いなw

ピアノを弾き終わったカケくんがステージ前方へ出てくると、あじっこさんと奏さんがやや不審な動きをした後、「誕生日おめでとう~!!」と言ってプレゼントを差し出す。カケくんは「ん???」会場も「え・・・?w」その瞬間、たしかに会場内の空気が凍ったよねw あじっこさんと奏さんも「誕生日じゃないのー?」と本気でうろたえている様子。何で間違えたしwって思ったけど、前回のワンマンライブが10月でお祝いもしたから思い込んじゃったんだろうか。

そのまま最後の挨拶に入るような雰囲気だったけど、客席からの「曲はー?」という声で、アンコール2曲目に全員で『からくりピエロ』を歌ってくれる。歌う順番もその場で決めて若干ドタバタ感があったものの、そういうのも含めて楽しかったな。この4人で歌う『からくりピエロ』もなかなか貴重だよね。

2部でも思い出用とTwitter投稿用の写真撮影をして公演終了。2部は全体的に情熱的な曲やかっこいい曲でまとまっていて、終始熱かったなという印象だった。1部と2部で雰囲気が違っているのは、両部参戦した身としては嬉しい。それぞれの部で「こんな魅せ方も出来るんだよ」って言われている気がした。とてもカケくんらしいライブだと思った。

お見送り&お話タイム

2部でも会場の出入り口のところにカケくんが立ってお見送り。たしか2部で両手ハイタッチをしたんだよね。いつもハイタッチも握手もなんか恐る恐るみたいな・・・ソフトな感じになるのだけど、この日はテンション上がり切ってたのもあってか、勢い余ってカケくんの手をだいぶ押しちゃった記憶がある。そのままカケくん側に倒れそうなくらい勢いがついてしまって。カケくんも一瞬「お、おぅ…….!?」ってたじろいだように見えたから、すみませんの気持ちw ソフトすぎるのも失礼かと思うけど、なかなか力の加減が出来ないなぁ~

私はね、ライブでのカケくんが一番かっこいいと思っていて。もちろん普段の様子もかっこいいなって思うけど、ライブで音楽と真剣に向き合っている時の輝きは特別かっこいいなと思うのね。「やっぱりライブのカケくんかっこいいです」「カケくんらしいライブだなって思いました」と伝えたところ、ちょっと笑いながら「僕らしいライブ・・・歌詞間違いとかねw」とカケくん。・・・ああ、たしかにカケくんらしい・・・いや、違う、そういうことじゃなくて!wと思っていると「『ピエロ』の時ごめんね~」と謝られてビックリした。

以前のワンマンライブでもカケくんは『ピエロ』を歌い、大サビで歌詞間違いをしてしまっていた。その日のお話の時だったか、よく間違えてしまうそのフレーズが好きなことを伝えていて。それを覚えてくれていたらしい。もしかして、それで『ピエロ』の曲終わりにこっちを見たのかな?w 間違えたのは残念といえば残念だけど、それよりも私の話を覚えてくれていたことが嬉しすぎたよ。幸せだよ。

去り際、カケくんの声が大好きなことを伝えると嬉しそうな顔をしてくれた。歩き出すと「気をつけて帰ってね~」と声をかけてくれる。よく言ってくれるので思わず笑い出しちゃうのだけど、カケくんがそうやって言ってくれるから無事に帰れてます、ありがとう。

FCイベントにワンマンライブと充実の2日間だった。終わってしまったのが、なんだか少し寂しいな~と思いつつ。とても幸せな2日間だった。

夜の部のセトリ一覧

  1. 夢地図
  2. 愛を唄え
  3. ワールド・ランプシェード
  4. crazy baby girl
  5. I’m always stay with you
  6. S・K・Y
  7. Mellow Mellow(カケくん×奏さん)
  8. さよならのかわりに(奏さん)
  9. 夜もすがら君想ふ(あじっこさん)
  10. PLATONIC GIRL(カケくん×あじっこさん)
  11. ホシアイ(カケくん×こめてっとさん)
  12. ストリーミングハート(こめてっとさん)
  13. DECIDED
  14. CORE PRIDE
  15. Super Summer Days
  16. Break the limit
  17. ドレミファロンド(出演者さんを呼びつつアンコール)
  18. からくりピエロ(全員でアンコール)