【2019.5.3】KAKERINE STARS ファンクラブイベント KAKEWAY@Binky Frog

カケリネさん(以下、カケくん)のファンクラブ会員限定イベントに行ってきた。翌日にワンマンライブを控えている中、安定のパフォーマンスで楽しませてくれたカケくん。そのイベントの様子を主観多めで簡単にレポートする(お酒が入ったこともあり、MCなどの記憶が若干あやふやなのはご容赦ください)

13:10~開場

10分遅れでの開場。恐らく相当バタバタしていたと思われる。時間まで会場の外で整列して待っていたら、道行く人に何事かと見られるのが何とも言えない気持ちw

FC会員限定イベントということで、入り口付近で会員かどうかのチェックがあったのだけど、カケくん本人がチェックしていた。事前のライブ情報では「会員証+身分証明書をスタッフさんに提示」ということだったので、順番待ちの間「え・・カケくんなの?身分証いるの?見るの?運転免許証の写真見られたら死ぬんだけど・・・!」と妙に緊張していたら、会員証だけでOKらしい。カケくんに身分証を見られないのはホッとしたけれど、会員No.しか書いていないのにそんな緩いチェックで大丈夫なのかと心配にもなる私。

オレンジのアイテムが必須だったけど、実は前日までそのことをすっかり忘れていた私()は、ここぞとばかりにグッズのラバーバンドを活用。意外とオレンジの物って持ってないんだな。気付くのがもっと早ければ~と思ったけれど、今回は直前すぎて無理だった。ごめんなさい~

バイキング形式でサンドイッチを作って食べる

まずは会場の様子から。会場内は最奥がステージになっていて楽器が置かれている。入って右側、ステージ手前まで壁沿いにテーブルと椅子が並べられていて、お客さんはここに座る。左側はカウンターテーブルがあり、テーブルの上にはバイキング用の食材が置かれていた。

半ばテンパっている私。適当な席に荷物を置いて、様子を見ながらサンドイッチを作る。サンドイッチ用のパンは、ハンバーガータイプとバゲットタイプの2種類あり、なんとなくでバゲットタイプを選択。具材を挟んでいくのだけど、思ったよりもパンが固くて不器用な私は手こずったので、途中から挟むのを諦めて普通に盛るw

1ドリンク制ということでハイボールを頼んだら、お店のスタッフさん(お名前を忘れてしまった💦)に「ようやくお酒らしい注文が来た」と喜ばれた。あんまりアルコール頼む人いないのかな?と思いつつ、久しぶりに飲むお酒はとても美味しい。

実は慌ただしくて朝ご飯を食べていなかったので、とってもお腹が空いていた私。席でお酒を飲みながらサンドイッチ(ほぼほぼ挟んでないけど)を頂く。パンはちょっと固かったけれど、よく噛むので一つでお腹いっぱいになってしまったし、レタスや玉ねぎがシャキシャキしていてとても美味しかった。

エプロン姿が似合っていて可愛らしかったカケくんは、気配りしてみんなに「食べてる?」と聞きまくる。こういう形式でのイベントが夢だったそうで、右へ左へバタバタと動き回りながら、楽しそうにみんなの様子を見つめていたのが可愛いなと密かに思った。途中で落ち着いたらしく、カウンターにもたれて一息ついていたようで。その時ちょうど正面にいた私は、真っ直ぐに目が合ったので恥ずかしくなって目を逸らしてしまう←

2杯目をどうしようかな~と迷っていると、ハイテンションで楽しそうなカケくんに「お酒飲むんですか~?」と絡まれ(?)、照れるあまりカケくんの方を見られない&受け応えが適当になる。もはやファンであることを疑われそうなレベル。スタッフさんにおすすめのカクテルを聞いて注文したら、鮮やかな青色のカクテルが来た。甘くて美味しかったな。感想を伝えると嬉しそうなスタッフさん。「美味しそうに飲んでるね~」とニコニコしながら言われたので、お兄さんこそ楽しそうに笑ってるな~と思いながら、ライブが始まるのをのんびりと待つ。

緩い雰囲気でライブスタート

スタッフの方に「そろそろ始めます?」と聞かれ、素早くエプロンを外すカケくん。ゆる~っとした流れでマイクを手にして、まずは「来てくれてありがとうございます」と感謝の言葉を伝えてくれる。

1曲目は『Mellow Mellow』で軽快にスタート。最初から安定した歌声とこの曲の持つメロディーの心地良さ、客席側の手拍子で一気に楽しい雰囲気に。お店の一部がステージになっているので、机や壁に挟まれて動けるスペースはそれほどないかと思いきや、けっこう動く。ノリノリのカケくん。

たしか『Mellow Mellow』を歌い終わった後のMCで「次は何歌うかな~」って感じだったので、おそらくカケリスさんみんな「決めてないの?w」とツッコミを入れたと思う。一応曲順は決めてあるようなことは言っていたけども。そんな流れで2曲目に歌ったのは『ボクノスベテ』だった。真っ直ぐに突き抜けるような歌声が気持ちいい。カケくんの歌声の良さ、キラキラとした世界を詰め込んだような素敵な曲だ。

歌い終わった後だったか「これ本当は最後に歌う予定だったんだけど~」って・・・2曲目にもってきて大丈夫なのかな?と若干心配になるw

客席に向かって「『ボクノスベテ』ってどう?やっぱり僕といえば『ボクノスベテ』の印象?」と聞くカケくん。なんでもメールで「最初に『ボクノスベテ』作っちゃって、これからどうするんですか?」と来ていたらしい。「たしかにと思って。これから『ボクノスベテ』を超える曲を作らないと~」と悩む姿を見せる。うーん、『ボクノスベテ』カケくんの代表曲って印象は強いなぁ~と思う私。

MVを作ったという話を交えつつ、3曲目に『Break the limit』を歌う。前回のワンマンライブで初お披露目されてから、約1年7ヶ月ぶりの生『Break the limit』。ラップもスラスラと歌いこなし、より一層かっこよくなった気がする。個人的にはこの曲も、カケくんの代表曲になりうる曲だと思っている。空間いっぱいまで脚を伸ばして体を深く沈みこませ、歌っていたのが印象的。

ここでカホンの佐藤さんが登場。カケくんもギターを持ち、「本当はこのスタイルでやりたかったんだよね」と呟くように言ってから4曲目『Going my way』へ。爽やかな曲調にギターがとてもよく似合う。カケくんはとても楽しそうにギターを弾きながら歌っていた。声の伸びが気持ち良く、近い距離で弾いている手元がしっかりと見られたのも嬉しかった。

そして、いつぶりだろう?ハーモニカをセットしたカケくん、続く5曲目は『ハートアラモード』だった。ほろ酔いの身にこの曲の持つほんわかした雰囲気は楽しくて、聴きながら足をゆらゆらと動かしていたような記憶がうっすらとある。じんわりと温かさが沁み渡っていくような、とても優しい歌声に心がほっこりする。

多分ここのMCかな。記憶が曖昧なので違っていたら申し訳ないのだけど。昔バンドを組んでいて、音楽性の違いから解散してしまった話があった。曲だけが作ったまま残っていて。ベイビーKO-HEIさん(子供服店の店長をしているらしい!)と曲を作ろうという話になって、宙に浮いていた楽曲を活かすことが出来たんだって。でも、自分の想いを綴った曲だから恥ずかしくて、なかなか歌えなかったらしい。北海道で歌ったのが初めて。だから、私は生で聴くのは初めてだった6曲目『キミノタメノウタ』。とても良い曲なんだよ。励まされるし。恥ずかしさとか感じてる場合じゃないよ(?)生でもっと歌おう!?という気持ち。ピアノを弾きながら歌っていた。軽快なリズムが楽しい。

ピアノを弾けるようになって作る曲の幅も広がった、ピアノを弾けるようになって良かった。というような話をしていたのは、この日だったかな。「昔の自分は若かったよね、可愛かったな、大人になったなーって思う」そう言いながらも「純粋さは良いところだと思うし、これからもその純粋さを忘れずに曲に活かしていきたい」というような話をしていた。おおっと思った。ここの文だけ見ると色々誤解を生みそうな気もするけれど、カケくんは今までが変に謙虚すぎたので、こういった言葉が出てくるくらい自信を持って挑めるようになったのは素敵なことだと思う。実際、本当に純粋で真面目に頑張っている方だもの。

そんなカケくんの純粋さを具現化したような、澄んだピアノの音色が印象的な曲『ボクノヨゾラ』が7曲目。カケくんのピアノはぴょんぴょん弾んだ元気な印象が強いのだけど、『ボクノヨゾラ』を弾いている時のしっとり&キラキラとした雰囲気もまた良いなと思う。胸がキュッと締め付けられるような切なさの中に、たくさんの愛情が溢れている。

そしてラスト8曲目。オリジナルではないけれど、カケくんの想いがそのまま歌になっているような曲だと話していた『DREAM』を歌う。サビの高音が綺麗すぎてたまらない。ここから続いていく夢への決意を感じるようで、ワンマン前日のラストにこの曲を歌うのは熱いなと思った。たまに間違えてしまう歌詞も間違えずに歌えていた(気がする・・・そこは記憶が曖昧w)

会場は音が響くライブハウスとは違って吸音されている感じだった。距離が近いということもあって、マイクを通しながらもより素に近い声で聴けたのはなんだか新鮮だったなぁ。

あと、どこかのMCで、アルバムを出した頃かな?厨房でバイトをしていた話をしていた。具材を切りながら有線で流れる音楽を聞き、「こんな曲を作りたい」と思ったりしていたんだって。具材を切る真似をした時の手の動きが、なぜか印象に残っているw

お話とグッズ購入

最後にお見送りがあってお話が出来た。対面してそうそう「『Break the limit』どうだった?」と質問してくれたカケくん。不意の質問にビックリしつつ、感想を・・・言えたら良かったのだけど、なんか「かっこいい」しか言えなかった気がする。本当もう・・・そこに関してはもう。ラップが凄かったとか、サビへの流れがたまらないとか、伝えるべき感想はもっと他にあったのに、どうして目の前にすると言葉が飛んじゃうんだろうなぁ。

あと、感謝を伝えたかったある個人的な話が、完全に伝え方を間違えて、心配してもらう結果になったのは申し訳なかった。自分、口下手すぎかよw 内容については書きませんw 多分返しに困っただろうし、後から本当申し訳ない気持ちになったけど、真っ直ぐ目を見て話してくれて、その時の目がとても優しく思えて、カケくんは良い人だなと思った。

お話を終えた後、グッズを購入するために待つ。ストックとして欲しいグッズは色々あるのだけど、とりあえず缶バッジだけでも・・・!と3つ購入する。カケくんが袋の中を探り、見ないで取り出して手の平の上に裏返しで乗せてくれた。その後、チラッと缶バッジを持ち上げ、表を見た時のリアクションが面白い。その場では見ずに帰ったのだけど、何やら意味深な言い方をすると思ったら・・・(´ω`*) クラウドファンディングで購入したのも合わせて、全て違う缶バッジが出たのでこれで4種類。コンプリートまであと半分だね♪

帰り道は会場で知り合った方とお話しながら帰った。会場で仲良くしてくれるカケリスさん達ともお話が出来て嬉しかったし、バイキング形式で飲食しながらライブというスタイルのFCイベントは、私にとっては斬新だった。楽しかった。その上、翌日もまたカケくんのライブがあるなんて・・・と幸せを噛みしめながら一日を終えた。そして、ワンマンに続く。

関連記事

カケリネさん初のFCイベントに行った翌日、ワンマンライブに行ってきた。Break the limitのMVが投稿され、そのお披露目も兼ねたワンマンライブ。熱さ、かっこよさ、可愛らしさ、面白さ、様々な側面を持ったカケリネさんならではの、楽しく[…]

スタンドフラワー@KAKE-ONE
関連記事

カケリネさんのワンマンライブ@昼の部を終えて、グッズの白Tシャツから黒Tシャツに着替える。あまりゆっくりする時間はなかったので、適当に食事を取り、次のライブに備えていると、ほどなくして整列開始。今回は定刻通りに進んでいく。開場してラ[…]

スタンドフラワー@KAKE-ONE

セトリ一覧

  1. Mellow Mellow
  2. ボクノスベテ
  3. Break the limit
  4. Going my way
  5. ハートアラモード
  6. キミノタメノウタ
  7. ボクノヨゾラ
  8. DREAM