【濃厚なバジル感】日本製粉 オーマイ 香り立つバジルを食べてみた

ソースを買い置きしてあったので、遅めの昼食はパスタにした。

使用したのは「オーマイ 香り立つバジル」、パスタを茹でてソースをかけるだけ、ソースは温めなくてOK!というお手軽なものだ。

日本製粉 オーマイ 香り立つバジル
日本製粉 オーマイ 香り立つバジル

まずはパスタを茹でていくのだが、ここで問題に気付く。以前、パスタストッカーを購入して移し替えた時に、袋に書いてあった茹で時間を記録するのを忘れていたのだ。料理に慣れた人なら感覚でわかるのかもしれないけれど、修行中の身なのでいまいちわからない。とりあえずネットで調べてみる。

水の量と塩加減、茹で時間の目安を把握して、後はこまめに試食することにした。

パスタを茹でる

お湯を沸騰させて塩とパスタを投入。3本くらいは試食して、茹で上がったパスタがこちら。

茹で上がったパスタ

時間にして5~6分くらいか。こまめに試食したおかげで食感の悪いパスタはなかった。

パスタソースの箱には2袋入っているので、1つ取り出してパスタにかける。

日本製粉 オーマイ 香り立つバジル

袋を開けるとバジルの香りが広がる。近づいてみるとかなり強い香り。ザ・草!って感じ。

日本製粉 オーマイ 香り立つバジルをかけてみた

ソースをよく混ぜる。オイルがたっぷり入っているので混ぜやすく、パスタにも絡みやすい。

日本製粉 オーマイ 香り立つバジルをかけて混ぜてみた

パッケージほどの緑感はないな。バジルの風味がかなり効いている。クセが強いのでバジル好きにはたまらないが、苦手な人なら一口でゴメンナサイしてしまうくらいのインパクトはある。濃厚で食べ応えがあって美味しかった。あっという間に完食した。