数字にこだわりすぎることについて想うこと

数字は所詮、数字でしかないのだ。と私は考える。

数字が増えることにより、可能性が広がることは理解している。

だけど、数字に囚われてしまうのは、なんだか虚しいと思う。

 

アカウントをいくつも作り、苦しみながら数字を伸ばすことに意味があるのだろうか。

協力できる分はしたいと思っているけれど、それだって限度がある。

あまりに数字数字となると萎えてしまう。なんだか虚しいと感じてしまう。

数字さえ伸びれば良いのだろうか。

それが工作による偽りの数字であっても良いのだろうか。

ノルマを設定しているがために、達成しなければ進めないのはわかっている。

それでも、好きな人が追い詰められているのは辛いなぁと思ってしまう。

少なくとも私は数字にこだわるあの人を見るのは楽しくなかった。悲しかった。

一生懸命なのは好きだけれど、これはなんだか違うような気がした。

 

こういうノリの悪さが、私の悪いところなのだろう。

頭が固いと言われても、これは私の許せないラインなのだ。妥協できないラインなのだ。

それでもやっぱり好きだから、消化できずに溜まる想いが私を飲み込んでゆく。