聖護院八ツ橋総本店の聖・祭菓「古都の冬」を食べました

1月下旬、家族で京都旅行をした。その時に買ったお土産、聖護院八ツ橋総本店の聖・祭菓「古都の冬」を開封したのでレポするよ。

ちなみに「古都の冬」は期間限定の包装で、時期によって「古都の春」「古都の夏」「古都の秋」と季節を楽しめるようになっているらしい。面白いな。

古都の冬:八ツ橋

箱を開けると綺麗に並べられた生八ツ橋がお目見え。美味しそう。

一緒に、冬の詩「霜柱」というコラムも入っていた。

古都の冬:冬の詩

粋だなぁ。じわりと心が温まるようなコラム。公式サイトでは2007年~2010年のコラムが見られる。

さあさあ、袋を開けて。どうだ(/・ω・)/

古都の冬:八ツ橋

ほーら、食べたくなるでしょ(/・ω・)/

古都の冬:八ツ橋

いただきまーす(*・ω・)

古都の冬:八ツ橋

ニッキと抹茶の生八ツ橋、中の餡は粒あんになっている。

モチモチとした皮と食べごたえのある粒あんの甘さが良い。美味しく頂きました♪