カケリネさん推しなので、レポはカケリネさんに偏って書いてます(/ ・ω・)/~☆


1部は15分ほど遅刻して入場。何回も来たことのある会場にも関わらず開けるドアがわからなくなり、スタッフさんに2度ほど確認しながら入口へと辿り着く。

ドアの前に立つと、何かを話しているカケくんの声が聞こえる。crazy baby girlのイントロが流れていることに気付き、急いでドアを開けるとちょうど歌い始めるタイミングだった。後から知った話によると、これがカケくん最初の曲だったそうな。初めのいくつかを見られなかったのは残念に思いつつも、カケくんだけでも間に合ったのは良かったと思う。

その後、妄想感傷代償連盟に妄想疾患■ガールと妄想率高めで楽しそうに歌うカケくん。伸び伸びと歌う声はとても素敵だったし、ダンスも様になっていてかっこよかった。元々カケくんは動きにキレがあるなぁと思うので、実際どうかは置いといても前よりも余裕ある感じに見える分、バランスが良くなっていて更にかっこいいなって思った。ゆとりさんと歌った天才ロック、ちゃげぽよさんとの夜もすがら君想ふとコラボも素敵だったし、すごく盛り上がって楽しかった。カケくんも終始楽しそうだったなぁという印象。

あと、1部での明香里さんソロの少女ふぜゐがとても美しかった。どうしたらこんなに女性らしい優雅でしなやかな動きが出来るのかと凝視。いりぽん先生の少女レイでのダンスも凄かった。柔らかく繊細な動きと歌詞に合わせた表情の作り方に惹き込まれる。


2部は最初から見れた。始まる前に10秒カウントダウンがあったのね。テンション上がるね。

クイーンオブハートでいりぽん先生が色気たっぷりに踊っていたのが印象的だし、217さんとの恋の魔法は可愛かった。あと髪短めのシラハンさんがUVERworldの彰さんにちょっと似ていて、つい見てしまう。ゆとりさんの楽屋裏でのエピソードはツボだった。

そんな中、カケくんの一発目はCORE PRIDEだった。初っ端からこれで大丈夫かなと思うほど、全力のパフォーマンス。ものすごくかっこよかったし、ちょっと嬉しいこともあって幸せ。イントロでの言葉はかっこよかったけど、後々勢いで言っちゃった的な事をTwitterで書いていたから、ここには書いてあげない←

奏さんとのたばこでしっとりとした歌声に聴き入る。ちなみにこの時の真っ白い服のゆるふわ感たまらないので、今度ぜひ物販時に着てみて欲しい私の目の保養の為に。ワンルーム・オール・ザット・ジャズは生歌久しぶりかな?もはや持ち歌かと思うほどカケくんの歌声と馴染んでいて、お洒落でかっこいい雰囲気がよく似合っている。Doggyのダンスと共に歌っていたのだけど、間奏でお酒を注文して素通りされる演出は面白すぎた。


終わり方がけっこう唐突なのはビックリしたかな。特に1部で砂の惑星が終わり会場が明るくなる時に、私の周囲の人も「あれ?終わり?」ってなってたぞw

カケくんとはライブに行く度にどんどん話せるようになっている。初めの頃に頭が真っ白になっていたのが嘘みたいだね。最近はややオーバーリアクション気味にハイタッチなどして迎えてくれるのも嬉しい。なんとなく心の距離が縮まっているような気がする。

今年はUVERのライブが最後になるかと思ったけれど、カケくんにも会えて良かった。ここまであまり年末感がなかったのだけど、ライブでのわちゃわちゃとした雰囲気は年末らしさがあって楽しかったし。色々と言いたいことも言えたし。たくさんライブに行けて充実した1年だった。2019年も活躍を楽しみにしています♪

おすすめの記事