「スマホを落としただけなのに」を観た感想|犯人の演技が鳥肌級だった!

映画 「スマホを落としただけなのに」を観たので感想を書く。けっこうネタバレあるので注意!

「スマホを落としただけなのに」のあらすじ

いつものように彼氏に電話をかけた麻美は、スマホから聞こえるまったく聞き覚えのない男の声に言葉を失うが、声の主はたまたま落ちていた彼氏のスマホを拾った人物だった。彼氏が落としたスマホが無事に戻ってきたことに一安心する麻美だったが、その日から麻美の日常は一変する。まったく身に覚えのないクレジットカードの請求、それほど親しくない友だちからの執拗な連絡……それらは麻美のさまざまな個人情報が彼氏のスマホからの流出を疑う事象の数々だった。一方その頃、ある山中で若い女性の遺体が次々と発見される事件が起こる。すべての遺体には、いずれも長い黒髪が切り取られているという共通点があり……。

引用:スマホを落としただけなのに : 作品情報 – 映画.com

「スマホを落としただけなのに」の感想

富田がスマホを落としたことが全ての始まり

開始数分でタクシーにスマホを置き忘れる富田。いや、落としたのそっち!?となった。予告は見たことあるはずなのだけど、流し見していたからかな。なんとなく麻美が落としたのかと思っていたので、まずそれが意外だった。

スマホを拾った犯人は麻美と連絡を取って、店員さんを通して返すのだけど、返す前にパスワードを解除してデータをパソコンにコピーしてしまう。その結果、富田には身に覚えのないクレジットカードの請求が来たり、さらには富田のスマホにあった麻美の名前からFacebookを突き止められて、Facebookのアカウントを乗っ取られたりもする。

この辺りは現実にも起こり得ることだよね。今やスマホは個人情報の宝庫とも言えるし、落としてしまったら自分への被害はもちろん、周りにも迷惑をかけてしまう可能性がある。その怖さを改めて感じた。

殺人事件とIT系に強い加賀谷刑事

麻美の周りで起こる出来事と並行して、とある殺人事件の捜査に当たる刑事側のシーンが流れる。殺人事件が絡んでくるとは思っていなかったのでビックリはしたけれど、スマホを拾った犯人と殺人事件の犯人が繋がるんだなーというのは早い段階でわかる。

捜査に当たった加賀谷刑事は、子供の頃に虐待されていた過去があるようで、途中この人が犯人かな?とミスリードを狙うようなシーンもあったのだけど、ミスリードにしてはちょっと肉付けが弱いかなぁ。

犯人の演技が怖い&気持ち悪い(褒めてる)

この映画で一番評価したいのは、犯人役の俳優さんが上手すぎること。犯人だとわかる瞬間の表情の変わりようが凄かった。普通にしていれば素敵な人なのに、最後に犯人としての顔をさらけ出してからは、めちゃめちゃ怖い。鳥肌が立つほど気持ち悪い。すごい。

長い髪のカツラで白い服を着て飛び跳ねたり、床に落ちた髪をかき集めるシーンなど、トラウマレベルの気持ち悪さがあった。素晴らしい演技力。狂気が伝わってきてゾクゾクした。

麻美が隠していた秘密

うん。これはけっこう無理があるのでは?という気がする。とってつけたような感じが否めなかった。整形で北川景子さんみたいな美人になれるわけが・・・っていうのはまあ良いとして、整形して成り代わるところがざっくり説明されるだけなので、リアリティがなくて「へぇー」って感じになってしまった。

しかも、これを告白するのが、犯人に襲われている最中。犯人が富田に暴露しようとするのを制して、麻美が自ら話し始めるのだ。犯人は椅子に座ってそれを見物し始める。それなりに長い話をただただ聞いている犯人・・・・・・うーん。テンポも一気に悪くなってしまったので、これは少し残念。

スマホを落としただけじゃなかった・・・!

主人公がとんでもない爆弾を抱えていたからね。スマホを落としただけじゃなかったね。

駄弁はさておいて、犯人には子供の頃に母親から虐待された過去があるらしいのだけど、その辺りのことは全然描かれていない。また、加賀谷が分かれ道で遊園地へ行くことを選んだのは、犯人が自分と同じ境遇だったからわかったのだと思うけど、それもわかりやすい描写がなく伝わりにくい。

それから、最後に富田が麻美の秘密を知った上で、それでも良いと伝えて2人は再び付き合うというハッピーエンドになるのだけど、その描写がどうにも軽くて、本当に良いの?え、けっこうな秘密だよ?ってなった。私としては2人に別れて欲しくはないけど、秘密が秘密だけにあっさり受け入れてしまうのも少し違和感があったかな。

何はともあれ、スマホは落とさないように気を付けましょう・・・!