3DダンジョンタイピングRPG「Sword Finger V2」

フリーゲームの気軽さに味を占めた。

タイピング速度を向上したい事もあり、またしてもタイピングゲームにチャレンジ。

今回やったのは3Dダンジョンを探索するゲーム「Sword Finger V2

Sword Finger V2

街で隊列を変更したり、武器などを購入したり、宿屋で休んだり、セーブをしたりする。

操作方法のチュートリアルが用意されているので、初めに見ておくと遊びやすいと思う。

基本的な流れとしては、ダンジョンで宝箱を探して鍵を入手して階段へと向かう。

敵と遭遇したらタイピングで攻撃。

Sword Finger V2

剣士、格闘家、魔法使いの中から、誰か1人を選んでタイピングする。

打った文字数に応じて敵のHPが減っていく仕様が燃える。

ちなみに選択しなかった残りの2人は勝手に攻撃をしてくれる。

Sword Finger V2

早く倒せば倒すほどお金がたくさんもらえる。良い装備が買いやすくなる。燃える。

エリア2以降は階段へ近づくと「街に戻る」選択が出来るので、HPがギリギリの時とか便利。

経験値をMAX以上稼いで宿屋で休むとレベルアップできる。見えるのは1レベル分だけど、2レベル分溜まっていると2回休むことで2レベル上がる仕様。

あと、ダンジョン中に戦闘不能になるとパーティーから外れてしまう。治癒なども出来ず、街で隊列変更をするまではずっと外れたままなのが地味に辛い。

敵もなかなか強いものの、レベルを上げて武器や防具を揃えればクリアは難しくない。

ラスボス直前のとあるトラップはやや面倒だったけど、無事にクリア出来て嬉しい。楽しかった。

「Sword Finger V2」:3DダンジョンタイピングRPG…