ヤマモリ 釜めしの素・発売50周年記念☆期間限定「地鶏ごぼう釜めし(名古屋コーチン使用)」を食べてみた

ヤマモリさんが釜めしの素を発売してから今年(=2019年)で50周年になるらしい。

それを記念して発売されたのが、この名古屋コーチンを使用した「地鶏ごぼう釜めし」

ヤマモリ 地鶏ごぼう釜めし(名古屋コーチン使用)

はい、本日の夕食はこれに決定しました。パッケージ裏の説明書きはこんな感じ。

ヤマモリ 地鶏ごぼう釜めし(名古屋コーチン使用)

箱を開けて中身を取り出してみる。出てきたのは釜めしの具とだし袋が1袋ずつ。

釜めしの具とだし

我が家の炊飯器は3合炊きだけど、3合炊きで3合炊くと上手く炊けなかったりするようなので2合で炊く。

2合炊きの場合、だし袋をよく振った後、小さじ2杯分のだしをよけて、残りを炊飯器の中へ入れる。

だしを入れた状態

次に、普通にご飯を炊く時と同じ分量でお水を入れる。お米がプカプカ。

お水を入れた状態

味にムラが出ないようにしっかりとかき混ぜる。しゃもじでグ~ルグル。

しゃもじでかき混ぜている状態

十分にかき混ぜたら釜めしの具を入れて、今度はかき混ぜずに平らにならす。

釜めしの具を入れた状態

隠れてしまって全く具の存在が確認できないけど入ってるよ。若干水位が上がってるでしょ。

後はフタを閉めて炊飯器のスイッチを押せばOK!出来上がるのをのんびりと待つ。

ピピピっと出来上がりを知らせる音が鳴ったので、フタを開けてみると・・・・・・

香ばしい香りがふわ~っと漂う。なんて美味しそうな香りなの。

若干水気が多いかな?とも思ったけれど、底の方からかき混ぜてみたらそんなでもなかった。

お茶碗によそってみた

味付けはそんなに濃くない感じかな。かと言って薄くもなく、噛むと旨味が出てくるし、具材の味もけっこう感じられるので、満足感があって美味しかった。炊き込みご飯ってついついおかわりしちゃうよね。

まだ残っているから、明日の朝も炊き込みご飯なんだよ~嬉しいヽ(*・∀・)ノ