【2019.3.5】UVERworld LIVE HOUSE TOUR 2019@Zepp Tokyo

2019年初のライブはUVERworldのライブハウスツアー!Zepp Tokyoに参戦してきた。

【ライブレポ】

家を出るのが遅くなってしまい、10分ほど遅れての入場。終わりかけている「ODD FUTURE」の音が通路に漏れていて、慌てて扉を引いて中に入る。ライブでのノリが楽しい「ODD FUTURE」、間に合わなかったのは残念だった(後から知ったセトリで、最初に「TYCOON」のSEからの「GOOD and EVIL」もあったことを知り、なお悔しい) 遅くなった後悔を抱えつつ後方で見ていると「Don’t Think.Feel」が始まった。最初は簡単に体を揺らすくらいのノリだった私も、UVERworldの全力のパフォーマンスと前方から流れてくる熱く重い空気に触発され、気が付けばテンションが上がって腕を振り上げノリノリの状態に。 Zepp Tokyoは途中に段差があり、後方でも意外とステージがよく見えた。続く「WE ARE GO」では克っちゃんが太鼓を叩く姿が見られたし、体に伝わる重低音の振動が心地良かった。その後も始まりから尖ったかっこよさの「PLOT」、心に沁みる「在るべき形」、コロコロと変わっていく曲調の変化が楽しい「IDEAL REALITY」と熱い曲が並ぶ。 「在るべき形」の後かな?真ちゃんのMCがあった。この前、生誕祭をしたんですよ~という話から「今日は誰の生誕祭でもないけど、一番熱い日にするんでよろしくお願いします!」に歓声が上がる。あと「克っちゃんの生誕祭来た人ー?」でパラパラと手が挙がりTAKUYA∞さん「少なっ」「昨日のZepp来た人ー?」これもパラパラと手が挙がり「少なっ」Crewから笑いが漏れる。「今日誕生日の人ー?」で手を挙げた人がいて「絶対嘘ついてるやつおるやろ~」なんて言いつつ、ある1人の子に「今日は彼女の生誕祭にします」と真ちゃん。Crew側で「ほんとかなー」みたいな声も聞こえたのだけど、私の前に立っていた女性2人がその子の友達らしくて「えーすごいラッキーじゃんっ!」と喜んでいて、本当に誕生日なんだなーと分かった私は微笑ましい気持ちになる。 新曲「Touch off」はMVを見た時もなんだこれと衝撃だったけど、生の迫力はさらに凄かった。ライブ映えして熱かったし、後半の盛り上がりが半端ない。腕を振りながらFireで叫ぶのが楽しすぎた。さすがUVERworldと思わされるかっこよさ。その流れで「誰が言った」「奏全域」とハードで変化球に富んだ曲が続き、振り切って楽しんで全身汗びっしょりになる。 私の前に女性が2人いたのだけど、キャリーケース?を持っているから後ろで見ていたようで、その前が3~4人は入れそうなくらいにぽっかりと空いていた。はて、これは前へ行って良いものか・・・と実は数曲前から迷っていたのだけど、ちょいちょい後ろから前へ移動していく人がいたので、私もこの辺りで便乗して前へ行く。背の高い人の中に紛れるので、見やすさで言えば後ろの方が見やすかったかもしれないけれど、全力で思いっきり楽しめて熱気をより肌に感じられたので、前へ行って良かったと思っている。 「PRAYING RUN」に入る前に何か素敵なMCを言っていた気がするけれど、すっかり忘れてしまった。Crewみんなで歌うところの一体感がたまらない「PRAYING RUN」で熱い気持ちを受け取った後、TAKUYA∞さんのMCになる。 東京マラソンに出たTAKUYA∞さん。翌日に1日目のライブをし、この日は2日目のライブとなる。「周りからやめなよーって言われたりもするんだよ」と言いつつニコニコ。「俺が東京マラソン出たの知ってる人いるー?」それなりに手が挙がり、翌日にTLで知った私も手を挙げる。「じゃあ、俺が参加する前に知っていた人はー?」これは手を挙げる人は少なめ。「誰にも言わずに東京マラソンに参加したんだけど、走ってるとCrewがいるんだよ~沿道から『TAKUYA∞こっちー』って」大きいマラソンにはTAKUYA∞さんが出ることをわかっていて、名前を検索するCrewがけっこういるらしい。「毎年本名で登録しているんだけど、検索でバレるから今回は『TAKUYA∞』で登録したら、普通にバレた」バレたの言い方が可愛い。てかそりゃバレるよw 「走っていてたまに人が全然いない時があるんだよ。前の方におじさんが1人走っているくらいでさ。そのおじさんが突然『TAKUYA∞!』って。お前もか!ってなったわ」とこれはちょっと嬉しそうなTAKUYA∞さん。Crewは爆笑。この辺はネタっぽく言っていたけれど、マラソンに出ても来るなよっていうのはソフトに念押ししていた。「なんかそういうのイヤなんだよ」って。走るのはTAKUYA∞さんにとって真剣勝負なのだろうし、それを邪魔されたくないんだろうな。 「富士山登ってからライブしたとか、マラソンしてからライブとか、みんなそういう俺の変態っぽいエピソード好きでしょ?だから東京マラソンで走りながら、明日みんな喜ぶだろうな~って考えてた」走る真似をしながらニコニコ話す姿がなんとも愛らしい。 その後、真面目なMCがあって「ALL ALONE」に入ったのだけど、私の隣にいた背の高い男性2人組がMC中に煩いのが気になった。「次ALL ALONEじゃね~?」みたいなノリで『いや心の中だけで思ってろよ』とちょっと思った。MC中に話すのは迷惑だからやめて欲しいし、シーンとした中でおそらく前に聞こえてるぞ。恥ずいぞ。 そんなわけでMC中は若干気が散ってしまったのだけど、「ALL ALONE」が始まってからは重厚な音に包まれて、腕を振りながら全力で楽しんだ。さらに「最近出した曲なんだけど、雰囲気が好きで~」というTAKUYA∞さんのMCからの新曲「ConneQt」は切ないながらもあったかく会場を包み込んで、とても素敵な音を響かせていた。ライブ映えするなぁと思った。好きだなと思った。 「心とココロ」前のMCだったかなぁ?「誰が言ったかで言葉の形は変わる」という話があった。言い回しは忘れちゃったけど『(頑張っていない人に)『お前なら出来る』って言われても『お前に言われたくねぇよ』ってなるでしょー?みんなUVERworldの言葉だから信じようって思えるんでしょー?」受け取る方も受け取り方によって変わる、と。本当にそうだなと思った。言葉に力を持たせられるような生き方をしたいと思った。 そして「Massive」へ。真ちゃんの激熱なドラムから始まって、彰さんと克っちゃんのギター、信人師匠のベースと熱い。UVERworldがどれだけかっこいいかをこれでもかっていうくらいに見せつけられる。音の渦に巻き込まれる感じがたまらない。また、手を叩いて客席にも拍手を促す誠果さんが愛おしくて、最後には身悶えするほどかっこいいサックスの音を響かせてくれた。それがラスボス感あるなぁと思ってしまって、曲中に思わず笑ってしまったのはごめんなさいw 聴けば聴くほど癖になる中毒性の高い「EDENへ」でCrewの一体感を感じて高まり、「everyone」の掛け声が気持ち良い「Q.E.D.」、歌詞も演奏も熱すぎる「ナノ・セカンド」と続く。「ナノ・セカンド」に入る前かな?「俺たちにも、あなたたちにもまだ希望はある!」と客席に向かって投げられた言葉が心強かった。真夏のような熱気で楽しすぎてわけわからなくなってきたところで、「零HERE」からの「IMPACT」はヤバかったな。ぴょんぴょん飛び跳ねながら腕を振って視界は揺れて、酸欠になるかと思うくらい空気は薄い。そんな中で、残る体力の全てを出し尽くすように煽ってくるサビでの圧倒的な音の波が「ああ、生きてるなー」という感じがしてたまらなく好きだと思う。 「RANGE」はとても沁みた。Crewに向けた曲だというのもあるし、私も一度離れてしまったCrewだから、思うところがあったりして。ライブで聴く度に良い曲なぁと感じるし、Crewで良かったと思える。そしてラストは「7日目の決意」だった。始まった瞬間に空気がピリッとした気がした。鳥肌が立って半端なく感動した。この曲を聴くと本当に「何も怖くない」気がしてくるし、強く前へ進んでいこうと思える。7日目やりすぎて一時期Crew間で「もういいよ~」なんて言われていたみたいだけど、たまにしかライブに行けていなかった私にとっては、とても嬉しい選曲だったよ。ありがとう。

【どこに入るかわからないMC】

「『Touch off』評判良くてさ~嬉しいんだよね」とTAKUYA∞さん。「前に出した『GOOD and EVIL』とダウンロード数でハッキリ出てわかっちゃうんだけど」『GOOD and EVIL』はEDMが強めなことで賛否両論あるようで。「CDが売れても売れなくても関係ない(※良い曲を作り続けることには変わりないという意味)けど、曲がダメだって言われたらやっぱりちょっと、傷つく」と最後は少し照れた感じに言う。ここから面白かった。茶化すような感じで「ちょーっとEDM強い曲出しただけで、すぐ昔のUVERの方が良かった~って。お前ら、こんなに楽しい時間を過ごした後で、たった1曲EDM強い曲出しただけで『もうUVER嫌いっ!』って。ひどい言葉ぶつけてきたりして何なんだよっ、この楽しい時間は嘘だったのかよっ」みたいな事を言い始める。「『UVERworldに一生ついていきます!』って言ってたくせに、すーぐみんないなくなっちゃって。なんなの!?みんな死んだの!?」若干息切れしつつ、ハイテンションで言っているのがひたすらに可愛い。 TAKUYA∞さんが「作ろうと思えば昔の・・・BUGRIGHTのような曲だって作れるんだよ。なぁ、彰?」と尋ねると彰さん「作れます」と即答。「作れるよな?」と克っちゃんに振ると「余裕」と即答。ここでクールに即答するのがかっこよかった。師匠には振らずに真ちゃんに「お前は・・・寝てるもんな」真ちゃんドラムスティックを叩いて鳴らす音。誠果さんに「お前は・・・食べログばっか見てるもんな」誠果さんサックス?を叩いて鳴らす音。Crewは爆笑。「Touch off(と言ったか新曲と言ったか定かではない)のような曲も作るし、たまに昔のような曲も作って迎えに行くし~」って感じの事を言っていたような記憶があるけど、この辺はあやふやであまり覚えてないなぁ。 後半のどこかで「女の子はもうみんなすっぴんになってるでしょ」とTAKUYA∞さん。「そんな可愛い瞳で見つめないでくれよ。嘘だよ、見つめてて」言い方がめちゃくちゃ可愛い。Crewを萌え殺しにするつもりかな?w これは後半だったと思う。「IMPACT」辺りでダイバーが出現したらしいので、その辺のMCかな?「UVERのライブでは(男祭り以外では)ダイブは推奨してない。女の子たちが多いし」初期に支えてくれたのは女の子たちなんだよ。隣で辛い思いをしている女の子がいたら男Crewは助けてあげて欲しい、みたいな事も言っていた。言葉を区切ってゆっくりと、考えながら言葉を選びながら話しているのが伝わってくる話し方で「俺も気持ちが高まって『UVERworld・・・かっこいい』って思わず飛んじゃうこともあるし。わかるよ。昔ライブハウスに行った時、ダイバーに蹴られたりもしたけど、支え合っているのを見て不思議な感動もあったし」ちなみに、BRAHMANのライブで蹴られて奥歯が欠けたらしいw 「でも、本当に『UVERworld・・・かっこいい・・・!』って思わず体が飛んでいたってとき以外は、ダイブは禁止ね」 これも後半。「UVERは冬にライブハウス公演して、夏にフェスに出て、秋にアリーナツアーをして、冬にシングルを出してライブして・・・という流れがここ5年くらい続いていて。けど、今年はライブの本数を減らそうと思ってる。流れが決まっちゃうのが嫌なんだよ。なんか、仕事みたいでしょ。遊びでいたいんだ。俺たちは自由に音楽をするために生きてきたし」その感覚はなんとなく分かる気がする。「去年もライブ本数を減らすって言って、結局73本やったんだ。一昨年と比べると1本しか減ってないんだよ~。だから今年はライブは減らして、フェスにたくさん出たりして、パターンを崩したい」今回のライブハウスツアーも、それで1本ずつにしたと話していた。ライブ少なくなるのか~と軽くショックを受けていたら、「少なくなるのは寂しいけど、年末はみんなが喜ぶようなすごい事も計画してるし、それについてはもう少しで発表出来ると思う。新しい曲もどんどん出来ているんだよ。また逢えるのを楽しみにしてて」 ライブが減ってしまうのは残念だけれど、まだまだすごい事をやってくれそうなUVERworldの活躍が楽しみだし、フェスも行ければ行きたいなぁと思う。 ちなみに終演後、お花の写真を撮った。
【2019.3.5】UVERworld LIVE HOUSE TOUR 2019@Zepp Tokyo
やけにサファリサファリしたお花(?)があるなぁと思ったら、武井壮さんだった。隣には西川さんのお花もあったけど、このインパクトが強すぎて撮り忘れる。ぬいぐるみ可愛い。
【2019.3.5】UVERworld LIVE HOUSE TOUR 2019@Zepp Tokyo

▼UVERworldのライブに関する記事