Googleアドセンスで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と出た場合の対処法

以前からGoogleアドセンスのページ上部にこのような警告文が出ていた。

警告文「要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

調べたところ、ads.txtファイルを入れることで、広告掲載を認められている正規のサイトだと証明できるらしい。すぐに対応しなくても大丈夫という話だったので放置していたが、いつまでも警告文が出ているのも気持ちが悪いので、ついに設定することにした。

ads.txtファイルの設定

ファイルをダウンロードする

警告文の右の方に「今すぐ修正」というリンクがあるのでクリック。すると以下のページになる。

ads.txtファイルのダウンロード画面

ダウンロードをクリックすると、そのままファイルがダウンロードされる。ファイルの中を見ると、

ads.txtファイルの中身

google.com, pub-【運営者ID】, DIRECT, f08c47fec0942fa0 と書かれている。

運営者IDもしっかり入っているので、特に手を加える必要はない。むしろ、いじらない方が良い。

運営者IDとは?

アドセンス管理画面「アカウント」→「アカウント情報」内にある「サイト運営者ID」がこれ。何らかの理由でダウンロードできない場合は、テキストエディターに「google.com, pub-【運営者ID】, DIRECT, f08c47fec0942fa0」をコピぺして【運営者ID】を自分のIDに書き換えればOK。

サーバーにファイルをアップロードする

私はエックスサーバーを使っているので、エックスサーバーにアップロードする手順をば。

エックスサーバーにログインし、ファイル管理をクリックする。

エックスサーバーにログインする

サイトのドメイン名が書かれたファイルをクリックする。

サイトのドメイン名が書かれたフォルダを選択

「public_html」というフォルダがあるのでクリックする。

「public_html」フォルダを選択

「public_html」内にads.txtファイルをアップロードする。この時、文字コードは「UTF-8」で。

ads.txtファイルをアップロードする

「UTF-8」でないと文字化けして読み取れず、エラーになってしまうらしいので、アップロードしたads.txtファイルのチェックボックスを選択して、ファイルの操作の編集をクリックする。

ファイルの操作の編集をクリック

以下の画面になるので、保存文字コードを「UTF-8」にして保存ボタンをクリック。

保存文字コードを「UTF-8」に変更する

これで設定は完了。あとは、ちゃんと設置できているかのチェックだね。

ads.txtが正しく設置されているか確認する

確認方法は至って簡単。アドレスバーに「https://サイトのドメイン名/ads.txt」を入力し表示するだけ。

このブログなら「https://choco-mintonz.com/ads.txt」となる。ファイルの内容がきちんと表示されていればOK。エラーページに飛んだり、文字化けしていたらNG。

警告文はしばらく表示されたままだけど、時間が経てば消えるらしい。人によって、数時間で消えたという人もいれば、何日待っても消えてないという人もいるようなので、のんびり待つしかないみたい。