【板壁Ver.】ダイソーの板材×リメイクシートでブレーカーカバーを作る

以前、突っ張り棒とクッションカバーを利用して簡単な目隠しを作った。

ブレーカーがほぼ見えなくなったし、見栄えも良くなったので、ある程度満足はしたのだけど・・・・・・

横が覆われていないこともあり、だんだん木枠でしっかりと囲いたい欲が出てきた。

ダイソーで木材を見ていたら「やってみよう」という気になってきたので、とりあえず必要そうなものを買ってきた。

ブレーカーカバーを作るo(*`・ω・)o

ダイソーで木材と接着剤を購入

ダイソーで材料を購入

何度かブレーカーのサイズは測っていたので、おおよその検討をつけて(!)木材と強力瞬間接着剤を購入した。

木材を貼り合わせていく

まずは幅15cm×高さ40cmの木材3枚を貼り合わせる。これで幅45×高さ40cmの板が出来た。

板を接着剤で貼り合わせる

当初の計画では両側面に幅9cm×高さ40cmの板材を取り付ける予定だった。

しかし、試しにブレーカーの前に置いてみると幅がわずかに足りず、両側面だと板がぶつかって置けないことが判明した。

思わぬ大誤算!おおよその検討をつけて購入した報いである()

余った板材でなんとかならないか考えても無理そうだったので、いっそ片側だけ板を取り付けることにした。

ブレーカーカバーの土台が完成

お気付きだろうか。側面に取り付け予定だった 幅9cm×高さ40cmの板材を左側に足している事に。

ちなみに、横から見るとこんな感じね。

ブレーカーカバーの土台が完成

これでブレーカーを完全に隠せるだけの幅が出来た。

ただ、このまま置くのは何とも味気ない。貼り合わせているのバレバレだし。可愛くない。

という事で、別目的のために購入してあったダイソーのリメイクシートを貼ることにした。

リメイクシートで可愛くチェンジ☆

ダイソーのリメイクシート

清潔感×ガーリー×ナチュラルテイスト、真っ白なレンガ柄のリメイクシート。

リメイクシートを使うのは初めてだけど、誤って変な貼り方をしてもゆっくり剥がせば貼り直せて便利だった。

元が折り畳まれているのでシワは残りやすいものの、ヘラを使って空気を逃しながら丁寧に貼れば目立たなくなる。

リメイクシートを貼る

完成したブレーカーカバーを置いてみた

実際にブレーカーの前に置いてみるとこんな感じになる。

タイル調のブレーカーカバーが完成

けっこうギリギリのサイズ感ヽ(^ω^)ノ

とはいえ、横は片側に寄せたら指1本半入るスペースはあるので、斜めにしたらそれほど苦労なく取り出せる。

白いので圧迫感がない上に、心なしか明るくなったような気もする。

後はやっぱり周囲にグリーンが欲しいよね。そうすればもっとナチュラル感が出そうだなぁ♪

こちらの記事もおすすめです