キッチンの泡沫水栓にウルトラファインバブルを発生させるawawa(アワアワ)を取り付けてみた

以前、キッチンの泡沫水栓にスイング蛇口を取り付けたが、100均のためか微妙に水漏れしてしまっていた。また、プラスチックなので衛生面を考えると清潔感としてはやや劣る。

いずれはステンレス製の良いものを購入したいと思い続けていて、先日ついにawawaという商品を購入した。

ウルトラファインバブルで洗えるawawa(アワアワ)を購入

awawaの説明を読んだところ、簡単に取り付けられて節水効果もあり、超微細な気泡=ウルトラファインバブルを発生させることで細かな汚れも落としてくれるらしい。

awawa(アワアワ)を取り付ける

こちらが届いた商品。本体とアダプタが2種類、パッキンが2種類入っている。

awawa(アワアワ)

取り付けは水栓環境によって変わり、説明書には以下4種類のパターンがある。

  1. アダプタを使わず、本体をそのまま取り付ける
  2. アダプタA(M22×P1.0/M24×P1.0)とパッキン②(厚さ3mm)を使用する
  3. アダプタA(M22×P1.0/M24×P1.0)とパッキン①(厚さ2mm)とパッキン②(厚さ3mm)を使用する。
  4. アダプタB(M23×P1.25)とパッキン①(厚さ2mm)とパッキン②(厚さ3mm)を使用する。

ちなみに試したところ、我が家では3番の「アダプタAとパッキン①②の利用」でしっくり来た。

初めはアダプタAを本体にセットしてパッキン①のみ付けてみたが、見事に水漏れ。そこでパッキン②を付けるべく本体を外したところ、アダプタAだけ吐水口に残ってしまった。手が滑りながらアダプタAを吐水口から取り外す。しばらく経ってふと手を見たら、皮膚がパックリと割れていた・・・・・・

説明書にはちゃんと書いてあった。「アダプタ取り外しの際は、必ずネジを布などで覆い、素手で触れないでください」と。私はそれを確かに事前に読んでいたのだが、うっかり手で外してしまった。皮膚が深く割れていて地味に痛い。取り外す時はぜひとも布で覆うことをお勧めする(泣)

そんなこんなで無事(?)設置した状態がこちら。

awawa(アワアワ)

ステンレス製でスリムな見た目なので違和感なく馴染んでいる。清潔感も増し増し。

awawa(アワアワ)で水を出してみた

awawa(アワアワ)

水が柔らかい気がする。肌に吸い付くようなしっとりとした触り心地。前に使っていたのがシャワータイプなので比較しにくいけど、おそらく初期の水栓と比べるとかなり水の当たりが柔らかいのではないかと思う。

awawa(アワアワ)使用動画を撮ってみた

水の出方を説明するならやっぱり動画でしょ?という事で、今回も動画撮影をしてみた。

パッキン①のみでは水漏れしてしまったが、パッキン①②を付けたら全く水漏れしなくなった。

水漏れしないし、ステンレスで衛生的だし、水も柔らかくなった気がするし、ずっと買い替えたいと思っていたので嬉しい。「シンクが綺麗になった」「汚れにくくなった」というレビューも多く見られたので、そこにもちょっと期待している。

こちらの記事もおすすめです