「ネバーランド」恩田陸|寮での休暇と秘密の7日間

「ネバーランド」のあらすじ

舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。

引用:「BOOK」データベースより

「ネバーランド」を読んだ感想

なぜだろう。「寮生活」に憧れを抱くのは。子供の頃に「秘密基地」に憧れたような気持ちと似ている気がする。その憧れは幻想めいている。恩田陸さんはこの小説を書く時に男子寮経験者から話を聞いて「あまりにも美しくない実態に、参考にはしないことにした」そうだ。思わず笑ってしまった。

序盤は緩く読んでいた。近頃は刺激的な小説を読むことが多かったせいで、やや退屈に感じてしまう部分もあった。「告白ゲーム」をきっかけに不穏な空気が生まれ、ミステリーなのか?ホラーなのか?という雰囲気になった時には少しワクワクした。これはミステリー脳の悪い癖だねw

それぞれが抱えた秘密の告白と、寮生活を通して友情が深まっていく過程が良い。みんな重たいもの抱え過ぎだけどね。特に光浩の秘密は重すぎでしょうと思いつつ、読後爽やかな気持ちになれるのは恩田陸さんの持ち味なのだろう。

男の子同士の友情とか青春っていいなぁと思う小説だった。大人になった4人の物語を読んでみたい。

こちらの記事もおすすめです